2022プレシーズンWEEK2@ニューイングランド・ペイトリオッツ戦の感想

2022プレシーズンWEEK2@ニューイングランド・ペイトリオッツ戦の感想

プレシーズン2試合目終了時点で今シーズンの開幕先発QBを決めると言っていたので、もちろんベイカー・メイフィールドとサム・ダーノルドは出場するものと思っていましたが、

出ないんかい!

という感じで始まったプレシーズンWEEK2。感想を簡単に。

良かったところ

QBマット・コラル

WEEK1では悪い意味で衝撃の内容でしたが、メイフィールドとメンタルヘルスに関して会話をしたことが功を奏したか、パス成功9/15、58ヤードと見違えるように良かったです。

第4Qはコラルが出場するはずでしたが、最後のドライブに出場していなかったのは、どうやら足を負傷したようで。これがロスター入りに影響するかどうか。

(8/21更新)

まさかシーズンエンドの怪我とは。無念。

CBタエ・ヘイズ

ピック6を決めて見せた3年目の選手。昨シーズンの終わりにパンサーズPSに入った選手みたいです。そして当日は誕生日だったとか。おめでとう。

その後エンドゾーンを狙われ一応その時もTDを防ぎましたが相手レシーバーのミスなので、その辺はまだまだ。

LBブランドン・スミス

先のコマンダーズ戦でも良いパフォーマンスを見せていましたが、この日はサックを記録。さすがスピードのあるルーキーLB。

WRラシャード・ヒギンズ

3rdダウンでレシーブし、1stダウン更新まであと1~2ヤード足りないとしっかり分かってか、タックルを受けながらもパワープレイで残り1~2ヤードを取り1stダウン更新してくれる頼もしさよ。良いWRです。

WRデレク・ライト

コマンダーズ戦でも光るものを見せてくれたルーキーWR。この日の成績はレシーブ1/3、32ヤードでヤード数はチームトップ。ターゲットになる時は常にミドル以上の距離となっており、飛び道具として可能性を感じる。

残念だったところ

OL

先発した期待の1巡ルーキーLTイケム・エクウォヌがサックを許すなど、相変わらず不安なOL。相手チームのOLと比較するように見ていますが、パンサーズのOLってあまりにも脆過ぎない?

点が取れん

TDはピック6のみ。点が取れん。

QB P.J.ウォーカー

パス成功8/15、107ヤード、2インターセプトとなかなか苦しい成績。コラルの怪我の具合によりますが、このままだとロスター入りは危ういか。

(8/21更新)

コラルのシーズンエンドによりロスター入りの可能性高まりましたが、ロスターのQBを2人にするという話もあり、まだまだ気が抜けない。

TEステフィン・サリヴァン

ディフェンスのプレッシャーがある中でのコラルのスーパーナイスパスをファンブルしたらダメ。GMスコット・フィタラーがシーホークスから連れて来たTEですが、このミスで立場を失ってもおかしくない。

さいごに

ペイトリオッツQBマック・ジョーンズ、なんかご乱調だったね。

メイフィールドが開幕先発の座を勝ち取ったとの噂は多々出ていますが、WEEK2で出場しなかったことや、WEEK3がホームゲームということもあり、もしかしたらプレシーズンWEEK3ビルズ戦にちょっとくらい出場するかもしれませんね。