2021シーズンのスケジュール発表

2021シーズンのスケジュール発表

簡単に感想を書いていきます。

プレシーズン

  1. @インディアナポリス・コルツ(日時未定)
  2. ボルティモア・レイブンズ(8/20~22の間)
  3. ピッツバーグ・スティーラーズ(8/27)

所感

今年からプレシーズンは3試合になったということで、WEEK2レイブンズ戦が先発組の最終調整試合となるのかね。

2021シーズン

  1. ニューヨーク・ジェッツ(9/12 1:00)
  2. ニューオーリンズ・セインツ(9/19 1:00)
  3. @ヒューストン・テキサンズ(9/23 8:20TNF)
  4. @ダラス・カウボーイズ(10/3 1:00)
  5. フィラデルフィア・イーグルス(10/10 1:00)
  6. ミネソタ・バイキングス(10/17 1:00)
  7. @ニューヨーク・ジャイアンツ(10/24 1:00)
  8. @アトランタ・ファルコンズ(10/31 1:00)
  9. ニューイングランド・ペイトリオッツ(11/7 1:00)
  10. @アリゾナ・カーディナルス(11/14 4:05)
  11. ワシントン・フットボールチーム(11/21 1:00)
  12. @マイアミ・ドルフィンズ(11/28 1:00)
  13. BYE
  14. アトランタ・ファルコンズ(12/12 1:00)
  15. @バファロー・ビルズ(12/18or19 時間未定)
  16. タンパベイ・バッカニアーズ(12/26 1:00)
  17. @ニューオーリンズ・セインツ(1/2 1:00)
  18. @タンパベイ・バッカニアーズ(1/9 1:00)

所感

今年から17試合となったレギュラーシーズン。パンサーズは、アウェイの方が1試合多くなりました。昨シーズンの成績が悪かったからなのか。

そして残念ながら昨シーズンに続き、サンデーナイト、マンデーナイトは今のところありません(WEEK15@ビルズ戦が状況次第でサンデーナイトになる可能性あり)。昨シーズンの成績が悪かったからしょうがないけどさ、それでも悲しい。

パンサーズの新たな先発QBサム・ダーノルドの古巣であるジェッツとの対戦がいきなりWEEK1に行われるのは激熱。NFLの粋な計らい、かな。

現状唯一のナイトゲームとなっているサーズデーナイトはWEEK3と早過ぎです。まだ選手たちの体が出来上がっていない時期の過密日程なので、怪我しないか心配だ。

WEEK9ペイトリオッツ戦は、何事も無ければ、QBキャム・ニュートンの古巣凱旋試合となります。複雑だけど楽しみ。

WEEK11では、2年連続となる前HCロン・リベラ率いるワシントンとの対戦が控えています。今年は昨シーズンまでパンサーズに在籍していたWRカーティス・サミュエルとも対峙することになりますね。

BYEはWEEK13。なんと昨シーズンと全く同じタイミングです。プレーオフ争いをしているなら良いタイミングだと思いますが、正直遅い。

BYEを明けると同地区戦のオンパレード。是非ともこの頃は、プレーオフ争いしてたいですね。

そして同地区バッカニアーズ戦が、まさかのWEEK16以降に集中しているという日程には大変驚きました。今や強いチームなのでありがたいと捉えるべきか、仕上がりまくった状態で戦うのは厳しいと捉えるべきか。

希望的勝敗予想

同地区以外の対戦相手を見る限り、かなり恵まれたシーズンなのかなと思います。昨シーズンを基準にすれば、苦手な相手、強い相手は少ないです(ビルズくらい)。QBさえ大丈夫なら、全然プレーオフを狙えると言っていいでしょう。目指せ11勝。

 

<余談>

ブロンコスへ移籍したQBテディ・ブリッジウォーターがパンサーズへの不満をぶちまけているようで。

まぁ何かいろいろ言ってますが、いちパンサーズファンから言えることは一言だけです。

 

ブロンコスでの先発争い頑張ってください。