新GMスコット・フィタラーの気になった発言ピックアップ

新GMスコット・フィタラーの気になった発言ピックアップ

1/23時点の情報です。

1on1インタビューより

フットボールをやっていた学生時代のポジションはQB。

QBが最も大事なポジションであるという認識あり。

ブレット・ファーブやアーロン・ロジャースの大ファン。

2020年のパンサーズロスターを見て気になった選手は、

  • 爆発的なRBとWR(おそらくクリスチャン・マキャーフリー、D.J.モーア、ロビー・アンダーソンと思われる)
  • LB/Sジェレミー・チン
  • DTデリック・ブラウン
  • DEブライアン・バーンズ
  • CBドンテ・ジャクソン

チーム構築方法をあげると、

1つ目、明らかにQB(を何とかしないといけない)。

2つめ、OLの両サイド(RTとLT)。

他に、もう1人のCB(ドンテ・ジャクソンの反対側)。ただしここは競争させる予定。

就任記者会見より

勝てるチーム構築のため、あらゆる手段を取る(予定)。

OCジョー・ブレイディをべた褒め。

近年シーホークスがよくやっているドラフトのトレードダウンより、ドラフトの指名権を増やすことに興味がある

–ドラフトにおけるフィタラーの考え方–

シーホークス時代は1巡20位台中盤か後半の指名ばかりで、ドラフトボードを作成すると、16、17、18辺りで止まる(どうしてもその辺りで指名されてしまう)選手が出てくる。

それらのチームに大きな影響を与える選手たちを指名することは当然できない。そうなってくると、20位台中盤~後半で指名できる選手も40位台で指名できる選手も、ドラフトの時点で大きな違いは見られない。よってトレードダウンを行い、同じくらいの能力で且つ補強ポジションとなる選手たちをうまく指名することができて来た。

—-

1巡8位というドラフト指名順位は、上にも下にも動くことができる。それは楽しみだが、ドラフトトップ(全体1位)に居ないのであれば、指名権を増やす方を選ぶつもり

 

(余談)マット・ルールは数年前、今年のドラフト1~2巡で指名されると思われるアラバマ大学のQBマック・ジョーンズに「ベイラーに来ないか」と口説いたが断られたそう。そんなジョーンズと今月末、シニアボウルで共演する。

 

 

新GMフィタラーが会見前の段階で、唯一電話をしたパンサーズの選手が、

ジェレミー・チンとのこと。

 

とりあえず、期待してよさそう(面白くなりそう)。

Scroll Up