NFL2021年度2日目のパンサーズ

NFL2021年度2日目のパンサーズ

ちまちまと動いています。

ベテランCB加入

CBラシャーン・メルビンと契約しました。年齢は31歳で、契約は1年、金額は3/19時点不明。

2013年ドラフト外でバッカニアーズへ加入。以降8チームを渡り歩き、パンサーズで所属10チーム目となるジャーニーマンです。

昨年はジャガーズに所属していましたか、新型コロナウィルスの影響でオプトアウトを選択し、試合には出場していません。それが吉と出るかどうか。

CBで31歳という年齢はどうなのかと不安な人も居ると思いますが、少し前までテレンス・ニューマンというCBの選手が30代後半までバリバリ現役を続けていたので、そこまで心配する必要は無いと思います。加えて先発確約でなく、層を厚くするための補強でしょうし。

ややこしや

昨日危惧していたことが起きました。

GMスコット・フィタラーの前職場、シーホークスからFAとなっていたWRデイビッド・モーアと契約しました。年齢は26歳で、契約は2年475万ドル。

2017年のドラフト7巡でシーホークスへ加入、昨年まで所属。昨シーズンはパス獲得417ヤード・6TDという成績を収めています。

あくまで3番手と考えれば、非常に良い補強だと思います。しかし、

D.J.Moore

David Moore

同じポジションに同じ名前の選手が来るとは。しかも略称共にD.Mooreというね。これはややこしや。

当ブログでは今後念のため、両選手フルネームで書いていきます。若干煩わしや。

別れ

パンサーズからFAとなっていたLBデイビッド・メイヨーとCタイラー・ラーセンがワシントンへ行くことになりました。バファローに続き、ワシントンもパンサーズ化進行中。

Scroll Up