NFL2021年度初日のパンサーズ

NFL2021年度初日のパンサーズ

積極的に動かないと言っておきながら、まぁまぁ動く。

ディフェンス3選手補強

1人目はLBハーソン・レディック。年齢は26歳で、契約は1年800万ドル→600万ドル(全額保証)となりました。

2017年のドラフト1巡でカーディナルスへ加入。以降毎年全試合に出場しており、昨年12.5サックをあげた選手です。パスラッシャーと紹介されていることから、OLBが主なポジションになります。

しかし4-3ディフェンスを敷くパンサーズのOLBには、現状シャック・トンプソンとジェレミー・チンがいるため、おそらくレディックはブライアン・バーンズ同様、DEとして起用されるのかなと思っています。

しかしこのクラスの選手を1年800万ドルという高コスパで契約できたのは、サラリーキャップ減少が影響しているのか、それとも昨年結果を残すまでバストと言われていたことが影響しているのか。どちらにせよ、これはグッジョブな契約ですね。

2人目はLBデンゼル・ペリマン。年齢は28歳で、契約は2年600万ドル。

2015年のドラフト2巡でチャージャーズへ加入、昨年まで同チームの主力として活躍していました。

ペリマンはILBとして先発起用が想定されます。個人的には生え抜きのジャーメイン・カーターを推しているのですが、一旦ペリマンの下で色々と学んでもらいましょう。

3人目はDEモーガン・フォックス。年齢は26歳で、契約は2年850万ドル(上記Twitterの内容とは違いますが、どうやら850万ドルの方が正しいようです)。

2016年ドラフト外でラムズへ加入、昨年まで所属。デプスチャート2〜3、3〜4番手くらいの選手だと思います。先発確約では無く、層を厚くするための補強といった感じでしょうか。

別れ

FAとなったWRカーティス・サミュエルがワシントンへ行くことになりました。3年3450万ドルという大型契約と共に。

パンサーズでの4年間はQBに恵まれなかっただけで、ポテンシャルは相当高い選手。純粋に喜ばしいですね。新天地でも頑張って。

デショーン・ワトソン

今でもパンサーズは狙っているとの情報が。テキサンズは相変わらずトレード話門前払いの構えなので、最終的に根比べとなりそうです。

ただパンサーズにとって、ワトソンを狙い続けることは決して悪い選択肢ではありません。

トレードに漕ぎつければ最高ですが、仮に無理だったとしても、その場合はドラフトで指名すれば良いという考えのもと動けるからです。ドラフト前日までは粘れます。

ちなみに当のワトソンは、厄介な問題に巻き込まれているようで。よもやテキサンズに諦めてもらうための自作自演なのでは?と深読みしてみたり。

補強WR候補?

WRにD.Mooreが2人になるのは紛らわし過ぎるのでやめておきましょう。3番手レシーバーならドラフトでいいよ。