WELCOME DARNOLD!!

WELCOME DARNOLD!!

こういうのって、本当に何の前触れ無く来るよね。

2018年のドラフト全体3位指名のジェッツQBサム・ダーノルドをトレードで獲得しました。契約はジェッツ時代のルーキー契約(4年)を引き継ぐ形で、その残り1年契約となっています。

パンサーズがジェッツへ渡したドラフト指名権は、今年の6巡と来年の2巡、4巡。QBテディ・ブリッジウォーターがトレード内容に入っていないのは置いといて、1巡を手放すこと無くダーノルドを獲得できたことは非常に大きいです。

今回のトレード、おそらく49ersのトレードアップも多分に影響したのかなと思います。今年のドラフトトップQBたちがパンサーズの全体8位までに次々指名される可能性が高く、狙っていたテキサンズQBデショーン・ワトソン獲得も厳しい。そこでダーノルド獲得に動いたと予想します。

HCマット・ルールが3年前、ジェッツのHC打診を受けた際ダーノルドと会話していたとか運命だねこれは。

 

2018年ドラフトQB陣で最も高い評価を受けていたダーノルド。そんな期待値こそ高い選手ですが、当然ながら懸念点はあります。

1つ目はNFL入りしてから3年間、これといった実績を残せていないということです。

ただこれに関しては、周囲の環境(コーチや選手)に恵まれなかったことが大きな要因だと思っているので、個人的にはそこまで気にしていません。ダーノルドのプレーは(主に公式ハイライト動画で)毎年見ていますが、年々確実に動きが良くなって来ています。OCジョー・ブレイディと共にプレーすれば、一気に覚醒しても何ら不思議はありません。

2つ目は怪我についてです。ダーノルドは毎年怪我をしており、まだフルシーズンプレーしたことがありません。正直気になるところですが、こればっかりは気にし過ぎても仕方ないでしょう。怪我しないよう祈るだけです。

 

いやぁ、良いね。ダーノルドはかなり良い選択だと思います。

ポテンシャルは間違いなくあり、素行不良も無い。ダーノルドと同じくHCアダム・ゲイスに育てられたQBライアン・タネヒルは移籍してから覚醒しており、良いジンクスもある。

ついでにジェッツ時代ホットラインを形成していたWRロビー・アンダーソンと再びタッグを組む。これは楽しみでしょうがない。

3月に契約した、名前が似ているTEダン・アーノルドへのTDパスなんか絶対盛り上がるでしょ。いやー、楽しみだ。

 

 

ダーノルド獲得により、今年のドラフト1巡でQB指名する可能性は相当低くなりました。そのまま全体8位で別ポジションの選手を指名するか、トレードダウンするか。トレードダウン、匂うよね。

しかし2巡以降でQBを指名する可能性は全然あります。ダーノルドに全てを託すことにリスクがあるのは間違いないので、別の選択肢を用意しておく必要はあるでしょう。もちろんP.J.ウォーカー、ウィル・グリエル以外にね。

そして忘れてはいけないブリッジウォーター。何とかトレードに出したいところですが、難しいか。どうなるにせよ、お別れは時間の問題となりそうです。

Scroll Up