さらばKK

さらばKK

2度のプロボウル選出を誇る生え抜きDTケイワン・ショートがリリースされました。

ドラフト2巡指名された2013年から2018年まではチームの主力として活躍していましたが、ここ2年怪我に苦しみ、2019年は2試合、2020年は3試合しか出場できていませんでした。

32歳という年齢、2年連続怪我によるシーズンエンド、今年のサラリーキャップ上限が昨年よりも下げられる予定(1億9820万ドルから1億7500万ドルへ)といった事情から、リリースは致し方ないのかなと思います。

→(2/19更新)

サラリーキャップ上限が1億8000万ドルへ引き上げられました。

 

今年は2017年に結んだ5年契約の最終年ということで、上記事情により放出はやむなしとしても、うまくトレードできたらと願っていたのですが、残念ながら見つからなかったのでしょう。J.J.ワットもそうですが、年齢と怪我、プロスポーツにおいて避けられない宿命ですかね。

8年間ありがとう、KK。

 

ショートをリリースしたことでキャップスペースは860万ドル空き、合計約2700万ドルとなりました。まぁデッドマネーがおよそ1100万ドル現れましたけどね。