2020年シーズン主要スタッツまとめ

2020年シーズン主要スタッツまとめ

簡単に感想を述べながら。

オフェンス

QB

G CMP/ATT YDS CMP% TD INT LG SK RT
T.Bridgewater 15 340/492 3733 69.11 15 11 75 31 92.1

2020年の先発QBを務めたテディ・ブリッジウォーター。

稼いだヤード数はNFL全体で17位。パス成功率は1000ヤード以上稼いでいるQBの中で5位(間違ってたらすまん)。引き抜きオファーを受けているOCジョー・ブレイディやQBコーチ|ジェイク・ピーツのおかげもあり、この辺りの成績は及第点でしょう。

TDパス数15は24位。絶不調だったカーソン・ウェンツ(出場12試合)や、9試合出場にとどまったガードナー・ミンシューの16をも下回っています。これは情けなし。

被インターセプト数11は9位タイ(多い順)。TDパス数の少なさと比較すると目に止まりますが、ラッセル・ウィルソンは13、トム・ブレイディは12とNFLを代表するQBたちも結構インターセプトされているので、思ったより気にする必要は無いかもしれません。まぁTDパス数が比べものにならないんですけどね。

被サック数31は11位タイ(多い順)。まさかのキャム・ニュートンと同じ数でした。脆弱なOLとブリッジウォーターのフットワークを考えれば、よく頑張ったのではないでしょうか。

良かった面と悪かった面がはっきりした成績ですが、なんとこう見えて、全ての項目でキャリアハイなのです。いかに今まで…

G CMP/ATT YDS CMP% TD INT LG SK RT
P.Walker 4 32/56 368 57.14 1 5 52 4 45.8

一応、バックアップとして4試合に出場したP.J.ウォーカーの成績も載せておきます。特に言うことはありません。

ラッシングTOP5

G ATT YDS AVG LG TD
RB|M.Davis 15 165 642 3.9 25 6
QB|T.Bridgewater 15 53 279 5.3 18 5
RB|C.McCaffrey 3 59 225 3.8 15 5
WR|C.Samuel 15 41 200 4.9 45 2
RB|R.Smith 7 41 156 3.8 13 1

スクリメージ1000ヤードを達成するなど、マイク・デービスの思わぬ活躍に助けられたランオフェンス。

成績2番目に足を武器としないQBのブリッジウォーター、3番目に3試合しか出場していないクリスチャン・マキャーフリーがランクインしているのは悲しい限り。やはりマキャーフリーが凄いとも言えますけど。

レシービングTOP5

G REC YDS AVG LG TD
WR|D.Moore 15 66 1193 18.1 74 4
WR|R.Anderson 16 95 1096 11.5 75 3
WR|C.Samuel 15 77 851 11.1 44 3
RB|M.Davis 15 59 373 6.3 23 2
RB|C.McCaffrey 3 17 149 8.8 24 1

獲得ヤード数でD.J.モーアはNFL全体11位。ロビー・アンダーソンは15位。2人の1000ヤード獲得レシーバーが出たことに関しては、ブリッジウォーターに感謝ですね。もちろん2人にも感謝。カーティス・サミュエルもキャリアハイ獲得ヤード数の素晴らしい活躍でした。

そしてここでも、出場3試合のマキャーフリーが名を連ねているのが凄いと言うべきか、他の選手は何してたんだと言うべきか…

そしてTE。ロスター入りしていた3選手、イアン・トーマスがREC20/145ヤード、クリス・マンハーツがREC6/52ヤード、コリン・トンプソンがREC1/7ヤード。3人合計204ヤード。オフの補強筆頭ポジション。

ディフェンス

タックル数TOP5

G Total Solo Assist
LB|J.Chinn 15 117 68 49
LB|S.Thompson 16 113 63 50
S|T.Boston 16 95 60 35
CB|R.Douglas 14 62 50 12
DE|B.Burns 15 58 35 23

2巡指名で大活躍だったジェレミー・チンがトップ。NFL全体では22位タイの成績でした。このままディフェンシブ・ルーキー・オブ・ザ・イヤーを取ってくれー。

シャック・トンプソンが2位でNFL全体26位。さすが、安定しています。

サック数TOP5

G SCK
DE|B.Burns 15 9
DE|E.Obada 16 5.5
DE|M.Haynes 15 4
DE|Y.Gross-Matos 12 2.5
DT|Z.Kerr / DT|D.Brown 13 / 16 2

チーム全体29。NFL全体では23位タイと少なめ。

2年目のブライアン・バーンズは惜しくも9。NFL全体14位タイでした。来シーズンは二桁、リーグトップのサック数を頼みます。イーフェ・オバダの活躍も良かった。

ターンオーバー

G INT
CB|D.Jackson 14 3
LB|T.Whitehead / LB|J.Chinn / S|T.Boston / S|J.Burris 14 / 15 / 16 / 13 1

インターセプト数はチーム全体で7。NFL全体で30位タイとかなり少なかったです。

ドンテ・ジャクソンは、1年目4、2年目3、3年目3と着実にインターセプト数を積み重ねております。身体能力高いからね。

G FF
DE|B.Burns 15 3
LB|S.Thompson / LB|J.Cinn 16 / 15 2
DE|E.Obada / DE|M.Haynes / DE|Y.Gross-Matos / DT|Z.Kerr / CB|C.Elder / S|T.Boston / WR|D.Moore 16 / 15 / 12 / 13 / 16 / 16 / 15 1

インターセプト数が少なかった代わりに、ファンブルフォース数はチーム全体で14と(おそらく)多く、そのおかげでターンオーバーレシオは+1とプラスでシーズンを終えることができました。

スペシャルチーム

キッカー

G EXP 0-19 20-29 30-39 40-49 50+
J.Slye 16 33/36 0/0 11/12 10/10 7/8 1/6

50+の内半分は60ヤード以上なので、50-59は1/3です。そこ以外は十分な成績だと思います。独占権FAということもあり既に再契約もしたようなので、来シーズンも頑張ってくださいな。

パンター

G PUNT YDS LG AVG RET RETY IN 20 NET AVG
J.Charlton 16 45 2082 67 46.3 18 184 21 40.8

シーズン開幕前にシーズンエンドとなったマイケル・パラディの代わりとして全試合出場したルーキーのジョセフ・チャールトン。安定した良い活躍でした。来シーズンはパラディとのポジション争いから始まるかな。

総括

新しいQBが欲しい。

Scroll Up