余分なデータはクラウドへ簡単移行!SIMフリースマホ『Robin』がなかなか良い!

余分なデータはクラウドへ簡単移行!SIMフリースマホ『Robin』がなかなか良い!

スマホrobin

先日発売が開始されました!

クラウドで自由を獲得するスマートフォン「Robin」 ←動画あるので注意

 

サンフランシスコの会社Nextbitより発売されたSIMフリースマホ「Robin」。まずはそのスペックを見てみましょう!

 

  • 149.00×72.02×7.00mm (高さ×幅×奥行)
  • 重量 130g (アダプターを除く)
  • 5.2インチ(1920×1080)液晶ディスプレイ
  • SoCはSnapdragon 808(6コア)
  • メモリは3GB、ストレージは32GB(オンラインストレージは100GB
  • 500万画素のフロントカメラ、1300万画素のリアカメラ。素早いオートフォーカス機能を搭載、RAWモードでの撮影も可能
  • Type-CのUSBポート
  • 指紋認証機能、急速充電機能
  • OSにはライトカスタムされたAndroid Marshmallowを採用
  • 使用可能な周波数帯/バンド
    - GSM 850/900/1800/1900
    - HSPA 850/900/1700/1800/1900/2100
    - LTE Bands 1/2/3/4/5/7/8/12/17/20/28
    (注意: au回線を使用したSIMには対応しておりませんのでご注意ください)

 

気になる箇所は赤字にしてありますのでそこを中心にご紹介!

 

5.2インチフルHD液晶搭載で重さわずか130g!

SIMフリースマホとしては格段に軽いといった訳ではありませんが、このサイズで130gというのは素晴らしいと思います!

 

CPUはヘキサコア(6コア)のスナドラ808!

公式サイトでは8コアになっていますが、スナドラ808は確か6コアだったはずです。

しかしながら、その性能は安物の8コア以上なのは間違いありません。むしろ810や820に次ぐスペックと言っても過言ではない、高性能のCPUです!ちなみにnexus5Xも同じCPUを積んでいます。

 

メモリはしっかり3GB!

最近のAndroid機の主流になってきました。これだけあれば、日常使用で不満を感じる事は少ないでしょう。

 

充電がUSBタイプCを採用!

これもnexus5Xと同じですね。あれ、もしかして意識して作ったのかな?(;^ω^)

最新規格のUSBで最近のパソコンにも採用され始めています。充電速度が従前のMicroUSBに比べてかなりアップしているみたいです。

 

 

そして今機最大の目玉がコチラ!

 

クラウドストレージ100GBが使い放題!

かなりの太っ腹です!

Nextbit社が提供する「スマートストレージ」という機能を使う事で、端末が自身で判断し、あまり使われていないデータを勝手にクラウド上に移動してくれるというスグレモノです!(ただし動画は除く)

充電中でWi-Fi接続中のみデータ移行を行うため、バッテリーの減りを気にする必要はありません。さらにクラウド上のデータが必要になった際も、1タップで端末上に戻す事ができるそうです。

 

 

いやぁ、なかなか良いスマホですよね~。デザインもオシャレで、欲しくなってしまいます(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

ただ手放しに喜べない部分もチラホラあります。

 

外部ストレージ(MicroSDなど)スロット無し

クラウドストレージがあるので省いたみたいですが、元のストレージが32GBしかないので、使えるなら使いたかった機能ですよね…。クラウドがあるとはいえ、手元に形として残しておけるSDカードの意義は十分にあると思うんですが…。

 

価格が39,980円(税込)

SIMフリースマホの中では高めの金額です。スペックを考えれば当然なんでしょうが、ちょっと手が出しづらいかなぁ…(nexus5X辺りと競合しますし)。

 

USBタイプCに対応する機器がまだ少ない

これは時間が解決してくれそうですが、現状はまだまだ少ないです。

 

 

気になる部分はこんな所でしょうか。MicroSDが使えないのは地味に辛いかも…。

 

デザイン良好でスペックも上々、クラウドストレージが100GBも付いてお値段39,980円のSIMフリースマホ「Robin」。…Android機をお探しのあなたならどうしますか?

 

※現在は公式サイトのみで購入可能です。専用ケースなども一緒に売られています。

「Robin」販売サイト

Scroll Up