パンサーズ2020スケジュールの感想

パンサーズ2020スケジュールの感想

まずはプレシーズン。

  1. ジャクソンビル・ジャガーズ
  2. @ニューイングランド・ペイトリオッツ
  3. @ボルティモア・レイブンズ
  4. ピッツバーグ・スティーラーズ

ペイトリオッツとスティーラーズは2年連続のプレシーズン対戦です。

続きまして本シーズン。

  1. ラスベガス・レイダース
  2. @タンパベイ・バッカニアーズ
  3. @ロサンゼルス・チャージャーズ
  4. アリゾナ・カーディナルス
  5. @アトランタ・ファルコンズ
  6. シカゴ・ベアーズ
  7. @ニューオーリンズ・セインツ
  8. アトランタ・ファルコンズ(TNF)
  9. @カンザスシティ・チーフス
  10. タンパベイ・バッカニアーズ
  11. デトロイト・ライオンズ
  12. @ミネソタ・バイキングス
  13. BYE
  14. デンバー・ブロンコス
  15. @グリーンベイ・パッカーズ
  16. @ワシントン・レッドスキンズ
  17. ニューオーリンズ・セインツ

ではいろいろと感想を。

BYEのタイミング

良い感じだと思います。ただWEEK13の頃というとプレーオフ進出できるかどうか決まっていそうな時期という点は微妙。ぜひとも良い雰囲気の状態で迎えたい。

シーズン前半(WEEK1~8)

同地区以外の対戦相手がレイダース、@チャージャーズ、カーディナルス、ベアーズと、全チームに対して勝ちを狙えます。逆にそれらのチームに勝てないとなると、プレーオフ進出は厳しいでしょう。ちなみにチャージャーズとの対戦は新スタジアムということで、何気に楽しみです。

同地区は、シーズン前半でファルコンズとの2戦を終えるというのは悪くない。セインツ、バッカニアーズ共に先にアウェイ戦を行うというのも前向きに捉えましょう。

シーズン後半(WEEK9~17)

同地区以外の対戦相手は、@チーフス、@バイキングス、@パッカーズと、アウェイにてキツイ組み合わせがやって来ます。それらの対戦は基本的に負けてもやむなしですが、ホーム戦のライオンズ、ブロンコスにはしっかり勝ちたいです。特にブロンコスは完膚なきまでに粉砕しましょう。

同地区はWEEK10という早いタイミングで、ファルコンズに続きバッカニアーズとの対戦も終了します。シーズン終盤お馴染みの同地区戦ラッシュが今年はありません。そうなると早い段階で地区内順位が決まりそうで、それが吉と出るか凶と出るか。

〇〇ナイト

WEEK8のファルコンズ戦がサーズデーナイトとなっており、それのみです。しかもWEEK7が@セインツ戦と、大事な同地区連戦に組み込まれる日程はよろしくない。

そして2年連続サンデー、マンデーナイトはありません。サーズデーは要らないからサンデーorマンデーに代えて欲しい、無理だけど。

シーズン後半の成績次第でサンデーナイトは組み込まれたりするためそれを期待しつつも、今のところ昨年に続きパンサーズの期待値は低いということですね。見とけよNFL。

プレーオフ進出シミュレーション

同地区戦4勝2敗。それ以外は@チーフス、@バイキングス、@パッカーズのみ敗戦と考え、トータル11勝5敗。それでワイルドカードを狙いましょう。

Scroll Up