[ポケモンGO] なかなか日本での配信が始まらないのはサーバーダウンのせい?その原因はハッキング!?

[ポケモンGO] なかなか日本での配信が始まらないのはサーバーダウンのせい?その原因はハッキング!?

今か今かと待ち望んでいる皆さんにとっては、悲報とも言うべき記事ですが、真実や如何に。

『ポケモンGO』日本公開前にダウン、ハッカーが犯行声明 (フォーブスジャパン)

pokemon-go-heal

 

本日7月20日に、ようやく日本でもリリースされると噂されていた『ポケモンGO』ですが、残念ながら延期になりました。がっかりされた方も多いのではないでしょうか?(かくいう私もですが…)

以前から『ポケモンGO』が日本でリリースされない理由の一つに、日本のサーバーの貧弱性が挙げられていました。日本はアプリを利用する人が多く、『ポケモンGO』リリースと共に利用者が殺到し、サーバーがダウンする恐れが高いと思われていたのでしょう。

 

そういった事情に追い打ちをかけるような記事が出てきました。まさかのハッキングの記事です( ゚Д゚)

7月20日現在、世界中で大規模なサーバー障害が発生しており、イギリスのユーザーは全く利用できないようです。そのサーバー障害をやったというハッキング集団も名乗り出てきて、なんかいろいろと混沌としています(*_*;

ただでさえ日本はサーバーが不安視されているのに、もし本当にハッキングされてるとしたら、日本でのリリースがまだまだ先延ばしになる可能性もありますよね…。ホント、はた迷惑な暇人だよ。

 

そんな日本の原状から、各所では海外版を無理矢理ダウンロードして遊んでいる方もいるようですが、あれはオススメしません。日本から海外のサーバーにアクセスしている訳だし、何かトラブルあっても完全自己責任です。文句言えない訳です。たとえスマホがおかしくなってもね。

一部では、日本でのリリースは9月になるとも言われている『ポケモンGO』。少しでも早く、日本でプレイできるように祈りましょう。

 

<おまけ>

『ポケモンGO』がサーバーを気にしているのは当然だと思います。「アプリゲームでリリース直後にサーバーダウンなんて当たり前でしょ?」と感じてる方も多いと思いますが、そういったサーバーダウンはユーザー離れを急速に加速させる原因になります。

過去に大手ゲームメーカーが手掛けたアプリゲームで、非常に期待されていたにも関わらず、リリース当初のサーバーダウンが原因で多くのユーザーが離れ、サービス停止を余儀なくされた『ワンダーフリック』というゲームがあってだねぇ…。

Scroll Up