NFLドラフト2020有力TEまとめ

NFLドラフト2020有力TEまとめ

[ドラフト総合ページはこちら]

コール・クメット Cole Kmet

ノートルダム大学。身長196cm、体重113kg。年齢は21歳。

REC YDS AVG LG TD
2019 43 515 12.0 37 6

今年のドラフトTEの中では最も評価の高い選手だが、即戦力という訳では無さそうです。将来性のある選手とのこと。

ハリソン・ブライアント Harrison Bryant

FAU。身長196cm、体重109kg。年齢は21歳。

REC YDS AVG LG TD
2019 65 1004 15.4 57 7

TEとして必要な全ての能力を兼ね備えている、バランスの良い選手とのこと。即戦力TEを求めているならクメットよりブライアントの方が良さそう。

デビン・アシアシ Devin Asiasi

UCLA。身長196cm、体重123kg。年齢は22歳。

REC YDS AVG LG TD
2019 44 641 14.6 53 4

インラインブロッカーとしては体重を落とす必要があると言われていますが、この体重のTEはある種魅力的かもしれない。

アダム・トラウトマン Adam Trautman

デイトン大学。身長198cm、体重116kg。年齢は??歳。

REC YDS AVG LG TD
2019 70 916 13.1 42 14

マイナー大学より。体格は素晴らしい。

ハンター・ブライアント Hunter Bryant

ワシントン大学。身長188cm、体重108kg。年齢は21歳。

REC YDS AVG LG TD
2019 52 825 15.9 50 3

ガッチリしたWRという印象。

コルビー・パーキンソン Colby Parkinson

スタンフォード大学。身長201cm、体重114kg。年齢は??歳。

REC YDS AVG LG TD
2019 48 589 12.3 36 1

デケェ。

その他個人的注目選手

《サディウス・モス Thaddeus Moss》

LSU。身長191cm、体重113kg。年齢は21歳。

REC YDS AVG LG TD
2019 47 570 12.1 62 4

伝説のWRランディ・モスのご子息。2016年はノースカロライナ州立大学に在籍しており、2017年LSUに転校。その年はリーグの規定により出場できず、翌2018年は足の怪我で全休、昨年ようやくLSUで試合に出場を果たしました。

残念ながら評価は低く、ドラフト外も十分考えられます。親が偉大過ぎると子は…というのはありがちですが、そういったイメージを払拭できるか。

《アルバート・オクイニナム(?) Albert Okwuegbunam》

ミズーリ大学。身長196cm、体重116kg。年齢は21歳。

REC YDS AVG LG TD
2019 26 306 11.8 36 6

名前が読めません。

2003年以降のコンバインにおいて、身長195cm以上かつ体重113kg以上の選手の中で、40ヤード走歴代2位のタイムを叩き出しています。上記Twitterリストに名前のあがっている選手全員NFLで活躍しているということで、公式の評価は高くないものの気になる選手です。Twitterリストにちゃっかりオルセンの名前があり、若い頃は速かったんだなぁとしみじみ。

パンサーズ視点で見ると

絶対的TEだったグレッグ・オルセンがチームを去り、FAでもこれといった補強をしていないため、ドラフトにおけるTEの補強優先度はそこそこ高いです。

ただ今年のドラフトTEは全体的に評価が低めで、2年前にドラフト4巡指名したイアン・トーマスが一応居ることを踏まえると、上位・中位での指名は無さそうです。

ということで個人的には、ネームバリューに便乗してサディウス・モス、速さを信じてアルバート・オクイニナム(?)の下位指名orドラフト外獲得辺りが良さそうかなと思っています。

Scroll Up