NFLドラフト2020有力LBまとめ

NFLドラフト2020有力LBまとめ

[ドラフト総合ページはこちら]

アイザイア・シモンズ Isaiah Simmons

クレムゾン大学。身長193cm、体重108kg。年齢は21歳。

TOT SOLO AST SACK FF INT PD
2019 104 67 37 7 1 3 8

今ドラフトのトッププロスペクト選手の1人。元から評価の高い選手でしたが、コンバインで見せた驚異の身体能力により、その評価は一気に上がりました。ちなみにSもできるようです。

ルーク・キークリーが引退したパンサーズにとって、キークリー2世となれる存在のシモンズは1巡指名候補とされています。

パトリック・クイーン Patrick Queen

LSU。身長183cm、体重104kg。年齢は20歳。

TOT SOLO AST SACK FF INT PD
2019 85 37 48 3 0 1 2

上記シモンズが頭一つ抜けていますが、クイーンも相当高く評価されている選手です。

ザック・ボーン Zack Baun

ウィスコンシン大学。身長191cm、体重107kg。年齢は??歳。

TOT SOLO AST SACK FF INT PD
2019 76 53 23 12.5 2 1 2

主なポジションがOLBということで、EDGEラッシャーにもなれそうです。

ケニス・マレー Kenneth Murray

オクラホマ大学。身長188cm、体重110kg。年齢は21歳。

TOT SOLO AST SACK FF INT PD
2019 102 69 33 4 0 0 4

マレーも即戦力として期待できる選手です。

マリク・ハリソン Malik Harrison

オハイオ州立大学。身長191cm、体重109kg。年齢は??歳。

TOT SOLO AST SACK FF INT PD
2019 75 49 26 4.5 0 0 4

ハーデストヒッターということで、取り扱い注意な選手となりそうです。

ローガン・ウィルソン Logan Wilson

ワイオミング大学。身長189cm、体重109kg。年齢は??歳。

TOT SOLO AST SACK FF INT PD
2019 105 62 43 1 1 4 7

成長次第で先発を任せられる素質あり。

ジョーディン・ブルックス Jordyn Brooks

テキサス工科大学。身長185cm、体重111kg。年齢は??歳。

TOT SOLO AST SACK FF INT PD
2019 108 66 42 3 1 0 0

NFL公式ではJordanとなっていますが、どうやらJordynが正しい名前のようです。

その他個人的注目選手

《ウィリー・ゲイ Willie Gay Jr.》

ミシシッピ州立大学。身長188cm、体重109kg。年齢は22歳。

TOT SOLO AST SACK FF INT PD
2019 28 18 10 0 1 1 1

シモンズに隠れがちながら、コンバインに参加したLBの中で40ヤード走・バーティカルジャンプ共に2位という好成績を収めています。なお公式の評価はとても低い。

ただ身体能力はとても高い。

《クレイ・ジョンストン Clay Johnston》

ベイラー大学。身長186cm、体重103kg。年齢は??歳。

TOT SOLO AST SACK FF INT PD
2019 58 35 23 2.5 0 1 5

ベイラー勢。10月に怪我をしたらしい。仮に獲得するとしてもドラフト外濃厚です。

パンサーズ視点で見ると

ルーク・キークリーが引退したことでLBの補強優先度は高そうに思えますが、実際はディフェンスの隊形によって補強優先度は変わってきます。

昨年導入した3-4隊形を継続するのであれば、必要となる純粋な(EDGEではない)LBは基本的に2人です。その場合シャック・トンプソンとFAで獲得したタヒル・ホワイトヘッドでひとまず揃っていることになるので、積極的に上位指名する必要性は高くありません。

一方2018年まで慣れ親しんだ4-3隊形に戻すのであれば、必要となる純粋な(EDGEではない)LBは3人となります。そうなると1人足りないので、アイザイア・シモンズを1巡指名する価値は高まります。

要するに、今年のパンサーズディフェンスがどうなるかによって、シモンズを指名するかどうかが決まると思います。2巡や3巡でLBを指名するよりは、1巡でシモンズ、そうでなければLBの上位指名無しと割り切っていいのかなと個人的には考えています。もちろん、万が一パトリック・クイーンが2巡で指名できるならすべきです。絶対無いですけど。

…とは言いながら、やはりシモンズは相当魅力的ですね。キークリーが衝撃の引退をしたこのタイミングでこの選手、やはり運命を感じざるを得ないです。

Scroll Up