NFLドラフト2016の注目WR TOP5をざっと調べてみた!

NFLドラフト2016の注目WR TOP5をざっと調べてみた!

 

という訳で3回目のこの企画。過去2回は…

・NFLドラフト2016の注目QB TOP5を調べてみた!

・NFLドラフト2016の注目RB TOP5を調べてみた!

を取り上げてきました。今回はWR編をお送りします。

それではどうぞ!

 

①ウィル・フラー Will Fuller

ノートルダム大学出身。身長183cm、体重83kg。40ヤード走4秒33。

識者曰く瞬発的な爆発力に安定したルートラン。ロングパスターゲットに向いているが、ハンドスキルに問題ありとの事。

この選手を見て思い出すのは、昨シーズンプロボウルに選ばれたジャガーズのWRアレン・ロビンソンです。彼もキャッチのほとんどがロングパスという驚異の選手でした。

ハンドスキルを磨けば間違いなく活躍できそうなWRです!

 

②ラクオン・トレッドウェル Laquon Treadwell

ミシシッピ大学出身。身長191cm、体重100kg。40ヤード走4秒63。

識者曰く恵まれたサイズに、信頼感と闘争心。競り合いにも強いとの言。

40ヤード走のタイムこそ平凡ですが、動画でもいきなりワンハンドキャッチを見せてくれたり、スペシャルプレーで自身がパスを投げたりと、とても器用な選手だな思いました。

かなり自分好みです(`・ω・´)

 

③ジョシュ・ドクトソン Josh Doctson

TCU出身。身長193cm、体重86kg。40ヤード走4秒50。

識者曰くボディコントロールと高さ勝負ではドラフト候補生ナンバー1との事。

確かに、動画を見てもとにかく競り合いに強いなぁという印象を受けます。第2のメガトロンとなれるか、注目ですね!(決してライオンズに行って欲しい訳ではないです)

 

④コリー・コールマン Corey Coleman

ベイラー大学出身。身長180cm、体重88kg。40ヤード走4秒37。

識者曰くハンドスキルは不安定だが、スピードと爆発力は確かとの感想。

40ヤード走のタイムを見ても分かる通り、瞬発力でディフェンスを置き去りにする能力は高そうです。ウィル・フラーと共に、スピードタイプのWRを求めるチームには必要とされるでしょう。

 

⑤スターリング・シェパード Sterling Shepard

オクラホマ大学出身。身長178cm、体重88kg。40ヤード走4秒48。

識者曰くスロットレシーバー。ハンドスキルは非の打ち所がないとの事。

とにかく身軽。なのにコンバインのベンチプレスの成績はトップと馬力も備える。チームにフィットすれば面白そうな選手になりそうです!

もしベンガルズに入ったら、バーナードにシェパードというワンちゃんコンビにn…いえ何でもないです。

 

 

 

以上になります。

TEオルセンの負担を減らすためにもパンサーズはWRが欲しい所なんですが、ラクオン・トレッドウェルやジョシュ・ドクトソンがいいですねぇ…。まぁ31位じゃ無理でしょうけど( ;∀;)

 

最後までご覧いただきありがとうございました!次回はタックルの選手たちをご紹介致します。

 

Scroll Up