NFLドラフト2016の注目G・C TOP5をざっと調べてみた!

Pocket

 

早いことで、この企画も5回目となりました。QBRBWRTと来まして、今回は縁の下の力持ち、G(ガード)とC(センター)のドラフト注目選手をご紹介いたします。

昨シーズンから本格的にNFLを視聴し始めた私から見ても、これらのポジションの重要性はなんとなく分かります。確かコルツがCの固定に苦しみ、いろいろやらかしていたのをよく覚えています。

 

 

コルツロンリーセンター

 

 

あ、このプレーは関係ないですね(;^ω^)

 

それではいきましょう!

 

①コディ・ホワイトヘア Cody Whitehair

カンザス州立大学出身。身長193cm、体重140kg。ポジションはG。

識者曰くオールプロ級になれる逸材との事。

なるほど、いい選手だ。(言える事がない...)

 

②ジョシュア・ガーネット Joshua Garnett

スタンフォード大学出身。身長196cm、体重143kg。ポジションはG。

識者曰く先発確実、上位指名濃厚だそうです。

名門大学出身、リードオプションもできる信頼感、父は元NFL選手スコット・ガーネットさんという、非の打ち所の無い選手ですね...。

 

③ライアン・ケリー Ryan Kelly

アラバマ大学出身。身長193cm、体重141kg。ポジションはC。

識者曰く必要なスキルやIQがあり、即戦力候補との事。

動画がイーグルス公式のものですが、一番分かりやすいかなと思いそれにしました。TOP5で元々Cなのはこの選手のみですので、Cが必要なチームは狙うでしょう。

 

④ジャーメイン・アイフェディ Germain Ifedi

テキサスA&M大学出身。身長198cm、体重146kg。大学時のポジションはRT。ドラフトではG。

識者曰くコーチの指導により、天井知らずに伸びるかもとの言。

こういった選手は入るチームによってどっちにも転びそうですね...。

 

⑤クリスティアン・ウェスターマン Christian Westerman

アリゾナ州立大学出身。身長191cm、体重135kg。ポジションはG。

識者曰くボディコントロールとクイックネスを考慮し、GからCへのコンバートをとの事。

動画が見つからず、無音のモノしかありませんでした...。複数のポジションをこなせそうなのはいいですね。ちなみに、コンバインでのベンチプレス34回は同ポジショントップです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

説明が難しいですが、とても重要なポジションです。ドラフトでの行方が楽しみですね!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回はエッジラッシャー(DEとOLB)についてご紹介いたします。注目選手が8人も居るため、前後編に分けるかもしれませんがご了承ください。

 

   

 - NFL全般 , , ,