NFLドラフト2016 1巡指名をざっとおさらい!

NFLドラフト2016 1巡指名をざっとおさらい!

2016_NFL_Draft.0.0

 

いよいよ始まりました!NFLドラフト2016!

いやぁ~、今年は動きが活発でしたね!1巡にも関わらず、次々とトレードが発生し、見ていて飽きませんでした!

 

そんな今年のドラフト1巡指名の中から、気になるピックをざっとおさらいします!

 

①ロサンゼルス・ラムズ→ジャレッド・ゴフ(QB)

ゴフかウェンツの2択でしたが、ここは順当(即戦力という意味では)にゴフを選択しました!

②フィラデルフィア・イーグルス→カーソン・ウェンツ(QB)

驚きもなく、超順当でしたね(;^ω^)

③サンディエゴ・チャージャーズ→ジョーイ・ボサ(DE)

トレードダウンも示唆していましたが、そのまま選択。しかもカウボーイズが狙っているという噂のあったボサを獲っちゃいました。

④ダラス・カウボーイズ→エゼキエル・エリオット(RB)

ボサを獲られたカウボーイズは注目のRB、エリオットを獲得。

⑦サンフランシスコ・49ers→ディフォーセット・バクナー(DE)

49ersはDEを獲得。今シーズンのQBはキャパニックとギャバートで行くみたいですね…。

トレードアップ ⑧テネシー・タイタンズ→ジャック・コンクリン(OT)

ここで最初の動きが。さらなるトレードダウンを示唆していたブラウンズが、予告通りトレードダウン。元々1位指名権を持っていたタイタンズが8位に浮上して来ました!

トレードアップ ⑨シカゴ・ベアーズ→レオナード・フロイド(OLB)

続けてトレード発生!11位指名権を持っていたベアーズがここにトレードアップして来ました!地元開催のドラフトなので、盛り上がったのではないでしょうか?

トレードダウン ⑪タンパベイ・バッカニアーズ→バーノン・ハーグリーブズⅢ世(CB)

ベアーズとのトレードで11位指名となったバッカニアーズはCBを指名。

トレードダウン ⑮クリーブランド・ブラウンズ→コーリー・コールマン(WR)

タイタンズとのトレードでここまで下がったブラウンズはWRを指名。ここに来て今ドラフト初めてのWR指名でした。

⑳ニューヨーク・ジェッツ→デロン・リー(OLB)

ジェッツはOLBを獲得。これでフィッツパトリック引き留めに全力を尽くす事になるでしょう。

トレードアップ ㉑ヒューストン・テキサンズ→ウィル・フラー(WR)

ここでテキサンズがトレードアップ。レッドスキンズもWRを指名した事から、色々と探り合いがあったのでしょう。

トレードダウン ㉒ワシントン・レッドスキンズ→ジョシュ・ドクトソン(WR)

トレードダウンはしたものの、来年の指名権を1つ獲得したレッドスキンズ。結構得したのでは?

トレードアップ ㉖デンバー・ブロンコス→パクストン・リンチ(QB)

ここでブロンコスがトレードアップ!指名したのは、私のお気に入りQBリンチでした…。なんで…よりにもよってブロンコスなの…。

トレード ㉘サンフランシスコ・49ers→ジョシュア・ガーネット(G)

さらなるトレード発生!チーフスが1巡指名を捨てて、49ersが1巡で2つの指名権を獲得!…チーフスってそんなに戦力足りてましたっけ(;^ω^)

㉛カロライナ・パンサーズ→バーノン・バトラー(DT)

パンサーズの指名はDTの選手でした。モックドラフトではCB指名が予想されていたのですが、この時点で既にCBは5人指名されていたので、別のポジションの選手に切り替えたのでしょうか。

バーノン・バトラー(Vernon Butler)。ルイジアナ工科大学出身。身長193cm、体重146kg。

ちょっと気がかりなのは、指名された時の彼のリアクションが他のドラフト生と比べて薄かった事ですね。緊張していただけかもしれませんが、陽気なキャム・ニュートン率いるチームにうまく溶け込めるかが心配です…。まぁ大丈夫でしょうけど…ね。

 

トレード・ダウン ㉜シアトル・シーホークス→ジャーメイン・アイフェディ(OT)

ブロンコスとのトレードで32位指名となったシーホークスはOTの注目株を獲得。

 

 

 

パンサーズ含め、気になったチームの結果でした。他のチームを含めた1巡指名結果はコチラをご参照ください。

 

ブロンコスがトレードアップしてQBを指名した時「んっ?なんでわざわざトレードアップ?」と思いました(シーホークスより下位指名権を持つチームでQBを必要としているチームが無かったので)が、どうやらカウボーイズも1巡指名権をもう1つ手に入れて狙っていたらしいので、納得しました。そういった情報を聞きつけて、トレードアップをしたのでしょうね。

ちなみに1巡指名の結果、一番指名の多かったポジションはCBとOTの5人で、指名の無かったポジションはILBとTE(一応KとPもそうですが)でした。また、1巡指名選手の中でオハイオ州立大学出身者が5人と最も多かったようです。

 

トレードが頻発して非常に見応えのあるドラフト初日でした!リンチがよりにもよって(ブロンコスファンの皆様本当に申し訳ない)ブロンコスに指名されたのはショックでしたが、同リーグでないだけ良しとしましょう。

 

<まとめ>

RG3は笑顔、フィッツパトリックは苦笑いなドラフトでした(これでブロンコスがフィッツパトリックを獲りにいかない→ジェッツの条件をある程度飲まないと行き先がなくなる可能性有り)。

Scroll Up