2019WEEK12@セインツ戦の感想(11/26選手情報追記)

2019WEEK12@セインツ戦の感想(11/26選手情報追記)

心折。

全体の感想

Kジョーイ・スライのせいにはしたくないけど…あまりにもこの結末は…

最後のプレーはTDを取らなければいけなかった、そういうことにしておこう。スライのミスでトータル5点損したけど、そういうことにしておこう。

それかいっそのことパスインターフェアのチャレンジをせずに、そのままFGを蹴るべきだったのかもしれない。エクストラポイント付近のキックは全て外しているが、何故か41ヤードと52ヤードのFGはしっかり決めていたから。

まぁディフェンスが相当やられたので、実際のところスライのせいではないでしょう。スペシャルチームも然り、あのターンオーバーなんかあまりにも酷過ぎて目を疑ったくらいですし。

 

 

…はぁ。

オフェンスの感想

CMP/ATT YDS SK TD LG INT RT
K.Allen 23/36 256 4 3 52 0 112.7

この日のアレンは素晴らしかった。OLが次々負傷離脱する中でも最高のパフォーマンスを見せてくれた。セインツのエースCBマーション・ラティモア欠場による影響は少なからずあったのかもしれないが。

ただでさえ厳しい状態のOLはここに来て負傷者続出、一層厳しくなりました。ま、残りは来シーズンへ向けてやるだけだから…

ATT YDS AVG LG TD
C.McCaffrey 22 64 2.9 9 1
C.Samuel 4 40 10.0 13 0
K.Allen 1 9 9.0 9 0
D.Moore 1 8 8.0 8 0

ランはまずまず。OLが苦しい状態だったので仕方ない。

REC/TAR YDS AVG LG TD
C.McCaffrey 9/9 69 7.7 23 1
D.Moore 6/9 126 21.0 52 2
G.Olsen 5/7 44 8.8 15 0
C.Samuel 1/4 9 9.0 9 0
I.Thomas 1/2 4 4.0 4 0
J.Wright 1/1 4 4.0 4 0

マキャーフリーはいつも通り素晴らしく、何よりモーアはとても良かった。オルセンも要所で良い活躍だった。

ドンテ・モンクリーフ、いつになったら使うんだろーね。エンドゾーン付近はさすがに使ってもいいと思うんだけど。

ディフェンスの感想

サックは2、ターンオーバーはインターセプト1回。加えて34点取られているので、決して褒められた出来ではありません。

QBドリュー・ブリーズは311ヤード・3TD・1インターセプト。ブリーズだからとかではなく、当たり前のように300ヤード以上稼がれているパスディフェンスの現状はよろしくない。パスラッシュが機能していないことも大いに関係してそうだ。

ランはトータル118ヤード献上。アルビン・カマラ(54ヤード)よりもラタビアス・マレー(64ヤード)に走られています。こちらは皮肉にも平常運転です。

勝っていればそれでよし、なディフェンスでしたね。パンサーズらしくないですが、今シーズンはもう腹くくってるので気にしません。

ただ1つ気になったのは、明らかに途中から(モーアが52ヤードTDをあげた後から)集中力が増したというか、目の色が変わったように感じました。行けそう感が芽生え急に気合入れた的な。試合最初からその気迫を見たい。

スペシャルチームの感想

お粗末過ぎることこの上ないターンオーバープレーには驚愕と落胆。ブロッカーが押されまくって目前まで来ていたので、せめてリターナーだったモーアが早めにフェアキャッチのシグナルを出すべきだったかもね。まぁ味方が先に当たってたから結局意味ないと思うけど。

Kスライ、40ヤード以上のFGは決められるのに、なぜエクストラポイントの距離は駄目なんだ。どうしたんだおい。

(11/26追記)良い意味でも悪い意味でもスライへプレッシャーを与えるため、PSに新たなキッカーを加えました。これも何かの運命か、昨シーズンにブラウンズでスライと同じような悲劇を味わったKグレッグ・ジョセフです。また怪我人続出のOLの層を厚くするため、PSに居たOLギャレット・マギンをロスターへ加えました。

Sラシャーン・ゴールデン、不必要な行動はやめてください。ああいう乱闘を吹っ掛けるような行動は見ていて恥ずかしい。

(11/26追記)そしてゴールデンは放出されました。例のお粗末プレーの元凶も彼だったようで(試合中茫然としてしっかり見ていませんでしたすみません)、残念ながら納得のお別れですね。

全体の感想

今シーズンはプレーオフへ行くなという神のお告げなのか、典型的な勝てていないチームのサガなのか。兎にも角にも、微かな希望が絶望へと変わったWEEK12でした…

1Q 2Q 3Q 4Q Total
CAR 6 9 9 7 31
NO 14 3 14 3 34

5勝6敗。残りは5試合、仮に全勝しても10勝。

今シーズンのNFCワイルドカード争いは非常にレベルが高く、個人的に最低でも11勝がボーダーラインだと思っているので、こんな終わり方は本当に無念極まりないですが、おそらくシーズンエンドと言っていいでしょう。とてもやるせない。ただただやるせない。。

<同地区ライバルの様子>

バッカニアーズとファルコンズの同地区戦、35-22でバッカニアーズの勝利。ファルコンズ、何故パンサーズとセインツに勝っておいてバッカニアーズに負けるんだよ…

Scroll Up