2019ドラフト外獲得選手と新たなAAF選手たち

2019ドラフト外獲得選手と新たなAAF選手たち

まずはドラフト外獲得選手を。

《RBイライジャ・ホーリーフィールド(Elijah Holyfield)》

ジョージア大学。身長178cm、体重98kg。

お父さんが元プロボクサーのエバンダー・ホーリーフィールド(Evander Holyfield)ということで、ドラフト外ながら注目度の高い選手です。

《Sコリオン・バラード(Corrion Ballard)》

ユタ大学。身長190cm、体重90kg。

ドラフト外にて念願のSをようやく獲得。

《WRダミオン・ジャンピエール(Damion Jeanpiere Jr.)》

ニコールズ州立大学。身長185cm、体重83kg。

超マイナー大学よりさらなるWRを補強。

《LBジョーダン・クナシック(Jordan Kunaszyk)》

カリフォルニア大学。身長190cm、体重106kg。

バックアップが手薄になっているEDGEではないLBを獲得。

 

次にAAFより新たに獲得した選手を。契約内容は分かり次第こちらに記載します。

《TEマーカス・ボー(Marcus Baugh)》

年齢は24歳。身長196cm、体重113kg。

AAFではサンディエゴ・フリートに所属。動画では盛大にやらかしてしまっていますが、13キャッチ・獲得208ヤード・2TDという記録を残しています。

《TEコール・ハント(Cole Hunt)》

年齢は23歳。身長201cm、体重115kg。

AAFではサンアントニオ・コマンダーズに所属。記録は2キャッチ・獲得13ヤード。

Scroll Up