RBコーチ交代と再契約のお話(2/23追記)

RBコーチ交代と再契約のお話(2/23追記)

パンサーズについて2つほど触れておきます。

RBコーチ交代

御年70歳、パンサーズのRBコーチを務めて15年のジム・スキッパーが勇退を表明しました。ディアンジェロ・ウィリアムス、ジョナサン・スチュワート、そしてクリスチャン・マキャーフリーを育て上げた名コーチ、お疲れ様でした。

後任として選ばれたのは、ジャガーズ、レッドスキンズ、レイダースで主にオフェンスのアシスタントコーチを務め、昨年はアラバマ大学でオフェンシブアナリストをしていたジェイク・ピーツ。RBコーチは初めてとなる職なので多少不安はありますが、35歳という若さはNFLトレンド的に期待しても良さそうと期待しておきます。頼みます。

 

再契約

独占的FAとなっていたSダミアン・パームスと再契約しました。

2015年ファルコンズへドラフト外で入団し、2016年はビルズでレギュラーシーズン1試合に出場。パンサーズに来た2017年はPSで1年を過ごし、昨年は肩の怪我によりIRで1年を過ごしていました。そんな26歳ですが、プロの目から見て何か光るものがあったのでしょう。再契約を勝ち取りました。

契約は1年57万ドル(6270万円)。今年こそロスター定着を目指そう。

 

FA補償

昨年Gアンドリュー・ノーウェルを手放したことによる戦力プラスマイナスFA補償として、今年のドラフト3巡指名権(全体100位)を頂きました。ありがてぇ。

 

余談

2週間前から始まったアメリカンフットボールの新リーグAAF(アライアンス・オブ・アメリカンフットボール)。

そのAAFの1チームであるオーランド・アポロズには、近年パンサーズに在籍していた選手たちが居るということで、何となく開幕から応援しています。2017年はパンサーズのバックアップを勝ち取り、昨年はレギュラーシーズンにも出場したQBギャレット・ギルバートがAAFのQBの中では群を抜いて安定してるね。昨シーズンのロスター発表前に、バックアップQBはテイラー・ハイニキじゃなくてギャレット・ギルバートの方が良いって言ったことが間違ってなくてよかった(ぼそっ

ちなみにアポロズは開幕2連勝。優勝大本命だと思いながら、細々と応援を続けます。

Scroll Up