【NFLドラフト2019】注目の/有力なTEまとめ

【NFLドラフト2019】注目の/有力なTEまとめ

今回はTEを見ていきます。パンサーズのTE陣は、ここ2年怪我に苦しんでいるもののエースであることに変わりはないグレッグ・オルセン、昨シーズンのルーキーで今後に期待できる活躍を見せてくれたイアン・トーマス、2年230万ドルで再契約をしたクリス・マンハーツと既に3人揃っている状態なので、ドラフト1巡ないし上位での指名は無いと思います。パンサーズファンとしては軽めに見ておきましょう、どうぞ。

《ドラフトページはこちら》

T.J.ホッケンソン T.J.Hockenson

アイオワ大学の21歳。身長196cm、体重104kg。

REC YDS AVG LG TD
2018 49 760 15.5 54 6

今年のドラフトで最も評価の高いTE。レシーバー、ブロッカー双方とも優秀な万能即戦力TEです。

 

アーブ・スミス Irv Smith Jr.

アラバマ大学の20歳。身長193cm、体重109kg。

REC YDS AVG LG TD
2018 44 710 16.1 76 7

ブロッキングについては成長が必要とのことですが、レシーバーとしては申し分ない選手。ちなみにお父さんも元TEで、NFLに7年間在籍していました。

 

ノア・ファント Noah Fant

アイオワ大学の21歳。身長196cm、体重109kg。

REC YDS AVG LG TD
2018 39 519 13.3 65 7

アイオワ大学から2人目の上位指名濃厚TE。レシーバーとしてはスピードがあり活躍が見込めそうながら、ドロップが多かったり不必要にジャンプしてしまったりと成長は必要な様子。ブロッカーとしてはまだまだとのこと。

 

 

他のTEは評価が分かれているため、今年は上記3人だけ押さえておけば大丈夫そうです。

Scroll Up