【NFLドラフト2019】注目の/有力なQBまとめ

【NFLドラフト2019】注目の/有力なQBまとめ

今年もこの季節がやって来ましたNFLドラフト。例年の如く、各ポジションの有力・注目選手たちをまとめて行きます。

初回はQB。昨年は1巡指名の多かったこのポジション、見ていきましょう。

《ドラフトページはこちら》

ドウェイン・ハスキンス Dwayne Haskins

オハイオ州立大学の21歳。身長191cm、体重99kg。

CMP/ATT YDS AVG TD INT LG RT
2018 373/533(70%) 4831 9.1 50 8 78 174.1

今年のドラフトで最も高い評価を受けているQB。

ストロングアームを生かしたポケットパサーだが、フットワークの重さと左側に動いた際のパスが苦手ということが改善点。2017年はバックアップだったため、先発経験が1年しかないということは懸念材料かもしれない。

 

ドリュー・ロック Drew Lock

ミズーリ大学の22歳。身長193cm、体重102kg。

CMP/ATT YDS AVG TD INT LG RT
2018 275/437(62.9%) 3498 8.0 28 8 86 147.7

必要最小限の動きでパスを投げられるストロングアームと高い状況判断能力をも持つQB。その自信からか攻めの意識が高すぎてボールを持ちすぎたり、微妙なパスの正確性からターンオーバーをしてしまったり、浮かせるパスが苦手といった改善点があります。

 

ダニエル・ジョーンズ Daniel Jones

デューク大学の21歳。身長196cm、体重100kg。

CMP/ATT YDS AVG TD INT LG RT
2018 237/392(60.5%) 2674 6.8 22 9 85 131.7

サイズがありフットボール知性の高いQB。昨年の成績は今一つに見えますが、レシーバーのパスドロップ(38回)が原因のようです。

ただ致命的とも言える弱点として腕が弱いらしく、参考動画を見ても浮かせるパスばかりなのは気になります。ちなみにパンサーズのお膝元シャーロット出身。

 

カイラー・マレー Kyler Murray

オクラホマ大学の21歳。身長178cm、体重88kg。

CMP/ATT YDS AVG TD INT LG RT
2018 260/377(69%) 4361 11.6 42 7 86 199.2

今年のドラフトで、ある意味最も注目されているQBと言えるでしょう。

元々野球選手としても高く評価されていた2018年のハイズマン受賞者で、本人がフットボール続行を表明していたにも関わらず、昨年のMLBドラフトにてオークランド・アスレチックスが全体9位指名をしました。

マレー自身も契約書(約5億円というサインボーナス付き)にサインしキャンプへ参加する発言をしていたりと、当然MLBの世界へ進むものと目されていたのですが、なんと今年の1月になってNFLドラフトへの参加を宣言したのです。

とまぁそんな才能あふれる選手な訳ですが、大学時代は一筋縄では行かず、シーズン開幕からの先発経験は2018年のみと、上記ハスキンス同様経験不足なのは否めません。もちろん身長不足という大きな弱点もありますが、近年のNFLでは180cm前後のQB(ドリュー・ブリーズ、ラッセル・ウィルソン、ベイカー・メイフィールド、ラマー・ジャクソンなど)の活躍は目覚ましく、懸念材料にはならないのかなと思います。

ちなみに2015年在籍していたテキサスA&Mでは、現パンサーズのバックアップQBカイル・アレンとの先発争いに敗れていたり、キャム・ニュートン以来となる初先発時のパス・ラン共に100ヤード以上を獲得&共にTDを記録するという偉業を成し遂げていたり(サウスイースタンカンファレンスにて)と、何気にパンサーズとは縁があったりします。

NFLドラフトの指名順位や扱い次第ではMLBへ行ってしまうかもしれないマレー。MLBか、NFLか、はたまたボー・ジャクソンやディオン・サンダースのようにMLBとNFLの二刀流という荒業を繰り出すか(QBとMLBの二刀流はさすがに無理そうですが)。→MLBを断り、NFLで勝負することを表明しました。ドラフトに少なからず影響を与えるでしょう。

 

ジャスティン・ハーバートというオレゴン大学の有力なQBも居たのですが、大学でのフットボール継続を表明したので上記4人が今年のドラフトQB中心となります。個人的にはロック推しです。

基本的に上記4人を押さえておけば十分ですが、その他気になるQBもざっとあげておきます↓

 

《ライアン・フィンリー Ryan Finley》

ノースカロライナ州立大学の24歳。身長193cm、体重95kg。

CMP/ATT YDS AVG TD INT LG RT
2018 326/484(67.4%) 3928 8.1 25 11 74 148.0

パスの正確性やフットボール知性は十分だが、ビッグゲームに弱い(精神的に弱い)とのこと。

 

《ウィル・グリエル Will Grier》

ウェストヴァージニア大学の23歳。身長191cm、体重98kg。

CMP/ATT YDS AVG TD INT LG RT
2018 266/397(67%) 3864 9.7 37 8 82 175.5

フットワークの悪さと平均的な腕の強さに懸念あり。

 

《タイリー・ジャクソン Tyree Jackson》

バファロー大学の21歳。身長201cm、体重111kg。

CMP/ATT YDS AVG TD INT LG RT
2018 225/407(55.3%) 3131 7.7 28 12 75 136.7

サイズがありストロングアーム持ちと伸びしろMAXのQBみたいですが、パスの正確性の無さが大きな弱点となっているようです。

 

《ジャレット・スティダム Jarrett Stidham》

オーバーン大学の22歳。身長191cm、体重98kg。

CMP/ATT YDS AVG TD INT LG RT
2018 224/369(60.7%) 2794 7.6 18 5 76 137.7

素質はあるみたいですが、昨年はOLやコーチに恵まれなかった様子。

 

《クレイトン・トーソン Clayton Thorson》

ノースウェスタン大学の??歳。身長193cm、体重102kg。

CMP/ATT YDS AVG TD INT LG RT
2018 299/489(61.1%) 3183 6.5 17 15 77 121.2

それなりの評価はされているものの、バックアップ止まりという見方がされています。

 

以上!!

Scroll Up