【NFLドラフト2019】2日目のパンサーズ

【NFLドラフト2019】2日目のパンサーズ

予想通りトレードアップして来たパンサーズ。2巡5位(全体37位)で指名したのは…

Tグレッグ・リトル(Greg Little)!!

ミシシッピ(オルミス)大学の21歳。身長198cm、体重147kg。

来てくれましたOL。しかもしっかりとトレードアップで評価の高い選手を獲ってくれましたよ。まぁもうちょっと頑張ればTジャワーン・テイラーを指名できたということは置いといて(;’∀’)

大学時代は主にLTを担当していたそうで、パンサーズでも今のところLTを任せるつもりのようです。良い選手、良い指名だと思います。トレードアップしないと指名できなかったはずなので、トレード判断も完璧と言えるでしょう。Good Job!!

「キャムを安全にし続けるさ」

言ってくれるじゃないか。しっかり頼むぞ。

 

そして3巡指名。14位(全体77位)はトレードアップにより放出したため、昨年のFAインアウト内容による補償として受け取った37位(全体100位)のみとなりました。

そんな3巡で指名したのはなんと…

QBウィル・グリエル(Will Grier)!! まさかのQB!!( ゚д゚)

ウェストヴァージニア大学の24歳。身長191cm、体重98kg。

確かにグリエルとパンサーズはプロデイの前に面会するなど匂わせていたものの、本当に指名(しかもこんな上位で)するとは思わないよなぁ。完全にやられたねこれは。。

手術明けのキャム・ニュートンを今シーズン全休させることも視野に入れた指名なのか、はたまた単純にバックアップQBの底上げをしたかっただけなのか(テイラー・ハイニキとカイル・アレンだけで満足していると言っていたような気がしますけど)。ノースカロライナ出身の地元選手だからと言うのであれば、どう考えても大学まで含めカロライナ出身のCギャレット・ブラッドバリーを指名するべきですからね。

ともあれ本人は喜んでくれている様子なので、鉄人ニュートンもはや30歳で近年は怪我に苦しんでいるのも事実、結果的に良かったのかなと。バックアップであればハイニキやアレンで十分だったり、他に優先して指名すべきポジションがあることもまた事実ですけどね。

 

1日目とは打って変わり、驚きの指名となったパンサーズのドラフト2日目。残す最終日の指名権は、

4巡13位(全体115位)

5巡16位(全体154位)

6巡15位(全体187位)

となっています。あとはS、LB、RBだハーニー。

 

<他チームについての余談>

1巡で指名されなかった有力選手たちが次々指名されていった2巡。注目のQBドリュー・ロックはブロンコスへ、WR D.K.メットカルフはシーホークスへ行きました。特にメットカルフは2巡32位(全体64位)というかなり下の方での指名になったのは意外。指名したのがシーホークスというのは憎たらしいったらありゃしない。

3巡はパンサーズが1番衝撃的でしたとさ(^_^;)

そしてカーディナルスの不憫極まりないQBジョシュ・ローゼンは、やはりドルフィンズが狙っていたようで、無事移籍となりました。ローゼンはカーディナルスのインスタグラムやツイッターのフォロワーを既に外しているほど心ここにあらず状態だったので、ひとまず救われたという感じでしょうかね。

コルツOB選手が執拗にタイタンズファンを煽って盛り上がった2日目でした。

Scroll Up