AAFより選手獲得とプレシーズンの対戦カード

AAFより選手獲得とプレシーズンの対戦カード

1シーズン終えることなく消滅してしまったアメリカンフットボールの新リーグAAF。どんな理由であれ、給料未払いはさすがに解決して欲しいですね…

そんな元AAFの選手たち計6人とパンサーズは契約しました。簡単にまとめておきます。

 

《Cパーカー・コリンズ Parker Collins》

24歳。AAFではアトランタ・レジェンズに所属。

《Gキット・オブライエン Kitt O’Brien》

28歳。AAFではバーミンガム・アイアンに所属。

《Tブランドン・グリーン Brandon Greene》

25歳。AAFではバーミンガム・アイアンに所属、リーグで最も高い評価を得ていたTらしい。

《WRラシャド・ロス Rashad Ross》

29歳。AAFではアリゾナ・ホットショッツに所属、36レシーブ・獲得583ヤード・7TDとTD数はリーグトップの成績。

《TEトーマス・ドゥアーテ Thomas Duarte》

24歳。AAFではアリゾナ・ホットショッツに所属、8レシーブ・獲得111ヤード・2TD。

《DT T.J.バーンズ T.J.Barnes》

28歳。AAFではアトランタ・レジェンズに所属、12タックル・サックは無し。

 

この苦境をバネに活躍してくれることを願います。

 

そしてもう1人、25歳のDTと契約しました。

《DT デスティニー・バエアオ Destiny Vaeao》

2016年イーグルスへドラフト外で入団し全試合に出場。翌年にはスーパーボウル制覇を経験。昨年怪我によりイーグルスを放出され、その後はジェッツに在籍していました。イーグルス時代の輝きを取り戻せれば、開幕ロスター入りも十分可能な選手でしょう。

 

全体的にラインの選手が多い、パンサーズ選手獲得一幕でした。契約内容は分かり次第こちらに記載します。

 

ベアーズ以外昨年と同じプレシーズン対戦カードとはこれ如何に。

Scroll Up