またまたWRを獲得!!

またまたWRを獲得!!


まだまだFA補強を続けるパンサーズは、バイキングスよりWRを獲得しました。

ジェリアス・ライト。年齢は28歳。

2012年のドラフト4巡指名(全体118位)でバイキングスへ入団後、6年間を同チームで過ごしました。

Games Receptions/Target Yards Average Touchdowns Longest
2012 7 22/36 310 14.1 2 65
2013 16 26/43 434 16.7 3 42
2014 16 42/62 588 14 2 87
2015 16 34/49 442 13 0 52
2016 8 8/11 67 6.1 1 11
2017 16 16/18 198 11 2 30

2013~15年の3年間は主力として活躍していましたが、2016年には出場数が半減。以後成績を落としています。2015年に4年1480万ドル(16億2800万円)・保証700万ドル(7億7000万円)の契約を結んでいたものの、ここ2年の成績が奮わない(若しくは今のチームに合わない?)事から、契約を1年残して3月16日に放出されていました。

怪我でもしたのかなと思いましたが、どうやらそうではないらしい。何があったんだろうとよくよく考えてみると…

関係があるかは分かりませんが、2016年のシーズン中に、当時バイキングスのOCだったノーブ・ターナーが突然辞任しています。OC交代により起用されなくなってしまったのかもしれませんね。

そしてターナーは今年からパンサーズのOCに就任しました。今回の獲得に鶴の一声があったのは間違いなさそうです。

身長は178cmと高くないですが、ターナー指揮の下で2015年までの成績を取り戻してくれるならば、ディープゾーンのターゲットとして力を出してくれそうです。期待しましょう。

契約は2年3年で詳しい金額は分かっていません。分かり次第FAページに記載します。

 

バイキングスから獲得したWRと言えば、昨年の今頃にチャールズ・ジョンソンという選手が居ました。ちなみに彼は開幕前に怪我をして1度もフィールドに立つ事なく現在FAとなっています。そういう意味ではちょっと嫌な予感もしなくはない(;’∀’)

また今回の獲得によりドラフト1巡のWR指名はほぼ無くなったと言っていいでしょう。今年はDEやDBの指名が濃厚かな。

 

<キャップスペース>

先日獲得したDTドンタリ・ポーのキャップヒットが533万3333ドル(およそ5億8700万円)に決まりまして、残りのスペースは1080万4533ドル(およそ11億8800万円)となりました。3年2800万ドル(30億8000万円)の契約でしたが、やはり1年目は絞って来ましたね。ポーもそれにサインしてくれてありがとう。

ここからさらにDEジュリアス・ペッパーズ(1年500万ドル)とWRライトの年俸を引く事になるので、おそらく残りスペースは200万ドル前後になるのかなと思います。いよいよFAでの獲得はおしまいとなりそうですね。クレイは放出してしまうのかなぁ…

Scroll Up