【プレビュー】WEEK17@ニューオーリンズ・セインツ

【プレビュー】WEEK17@ニューオーリンズ・セインツ

2018年シーズンもついに最終戦。その最後の相手は、今シーズンのNFCで最強の座に君臨するセインツ。レギュラーシーズンの締めくくり、プレビューしていきます。

INJURY REPORT

パンサーズ

T Marshall Newhouse 臀部 Questionable
RB Kenjon Barner Questionable
QB Cam Newton 右肩 Out
G Trai Turner 足首 Out
DT Kawann Short ふくらはぎ Out

DTショートは2戦続けてOut。そしてGターナーもOutとなっています。大事を取ってということでしょう。

RBバーナーはQuestionableとなっていますが、IR入りしたそうです。Gターナーが出場しないことから、OLのドリアン・ジョンソンを入れ替わりでロスター入りさせています。バーナーはWRダミエル・バードがIR入りしてから各種リターナーを務めており、WR D.J.モーアやRBトラヴァリス・カデット、WRカーティス・サミュエル辺りがリターナーとして起用される予定です。

そして大きな出来事。

ファルコンズ戦で左肘を負傷したQBテイラー・ハイニキがIR入りとなり、そのハイニキにプレシーズンでのポジション争いに敗れたQBギャレット・ギルバートを呼び戻しました。なんという運命だ。

ただギルバートは、パンサーズより放出されてからどのチームにも所属しておらず、プレシーズンまでパンサーズに在籍していたとはいえ、いきなりの先発は身体的に厳しいと判断されました(おそらく)。よってセインツ戦の先発は、ファルコンズ戦にも出場したルーキーQBのカイル・アレンとなります。チャンスを掴み取れ、アレンよ。

セインツ

T Terron Armstead 胸筋 Out
T Jermon Bushrod ハムストリング Out
G Larry Warford Out

こちらはOLの選手が3人Outとなっています。アームステッドとウォーフォードは先発選手です。

 

WEEK15を振り返る

気迫のパンサーズディフェンスによりロースコアゲームへ持ち込み、完全に勝利を狙えた試合でしたが無念の敗戦。QBキャム・ニュートンの今シーズンにおけるラストゲームとなった試合でもあります。オフェンスが何も出来なかった。

 

WEEK17の考察

セインツオフェンス

やはり温存して来ますね。すでにセインツは地区優勝・NFC第1シードを確定させているため、QBドリュー・ブリーズは出場せず、今シーズンから加入したQBテディ・ブリッジウォーターを先発させることになりました。

バイキングスから2014年のドラフト1巡指名(全体32位)を受けNFL入りしたブリッジウォーター。その時代に2年間先発を務め、将来のフランチャイズ候補と目されていましたが、怪我をきっかけに先発の座を奪われ、今年バイキングスからジェッツへ移籍。シーズン開幕前にカットされ、セインツへと渡り歩いて来ました。

そんなブリッジウォーターのバイキングス時代のOCこそ、何を隠そう、現パンサーズOCノーブ・ターナーその人です。まさかこんなタイミングで対峙することになろうとは本人も驚きだろう。

個人的予想ですが、WRマイケル・トーマスやRBアルビン・カマラといった主力選手もプレーオフを見据えて温存されると思います(前半のみの出場など)。パンサーズもLBルーク・キークリーなどの主力選手が出場するか微妙ですが、さすがにブリーズの先発しないセインツ相手に大量得点を許すことは無い、いや、あってはならないでしょう。最後くらい大量にサックやターンオーバーを奪って欲しいですね。

 

セインツディフェンス

こちらもDEキャメロン・ジョーダンなどの主力選手は温存してくると思われます。パンサーズの先発QBがつい2週間前までPSに居たルーキーですからね。

だからこそ、アレン(場合によってはギルバート)よ。負けて当然と予想されているであろうこの試合、キャリア初先発でNFC第1シードのチームに土を付けたとなれば大きな糧となる。ジャイアントキリング、見せてくれてもいいんだよ|д゚)

 

さいごに

全選手、悔いと怪我の無いように試合を終えてくれることを願います。

WEEK17@ニューオーリンズ・セインツ戦は、日本時間12/31(月)朝3時頃キックオフです。

Scroll Up