LUUUUUUKE!!!

LUUUUUUKE!!!

日本中がサッカー/サムライブルーで盛り上がる中、当ブログはフットボール/パンサーズブルーで盛り上がりましょう。

ということで、

NFLトップ100

トップ10入りとはならなかったものの、LBルーク・キークリーが堂々の12位ランクイン!! AB84もありがとう!!

過去6シーズン全てで100タックル以上(アシスト含む)を記録し、2012年以降のタックル数はNFL最多(818)。フットボール知能や運動能力が非常に高くおまけにナイスガイと、27歳にしてリーグナンバーワンLBの座に君臨を続けています。

そんな完璧超人のキークリーも、ここ2年怪我に苦しめられていることだけは今後の不安要素です。肩は手術を受け順調に回復しているようですが、脳震とうを2年連続発症しているのは本当に心配ですね…

とは言いながら、シーズンが始まれば当たり前のように最高の全力プレーを見せてくれることは間違いないでしょう。今年もキークリーの安定したディフェンスを楽しみにしています。LUUUUUUKE!!!

 

これでNFLトップ100も残すはトップ10のみとなりました。残念ながらパンサーズ選手のランクインはもう無いかなと思いますが、一応ペッパーズのランクインを願いながら来週を待つことにします。

 

<とても余談>

特にこれと言った経緯はありませんが、なんとなく最近よく目にするなという人(自分の中のみで)。

かつてファルコンズから全体1位指名を受け一世を風靡した、ある種ニュートンの先駆けとも言えるQBマイケル・ヴィック氏。

2017年にNFLを引退した後「アメリカンフラッグフットボール」のQBとして現在も活躍し、来年新たに始まるフットボールのプロリーグ「アライアンス・オブ・アメリカンフットボール(AAF)」ではアトランタチームのオフェンシブコーディネーターを務めるそうで。

何だかんだ波乱万丈の人生だけど、何だかんだ凄い人だなと思ってしまいました。ウィキペディアで調べたら出てきた例の事件は許せないけどね。

Scroll Up