パンサーズの新しいオーナーが決定したようです

パンサーズの新しいオーナーが決定したようです

パンサーズオーナーのジェリー・リチャードソンがセクハラ・パワハラ疑惑を受けたことにより決断したチーム売却・オーナー交代について。

新しいオーナーがついに決定したようです。

 

《デイビッド・テッパー David Tepper》

ペンシルヴァニア州ピッツバーグ生まれの60歳。ヘッジファンド会社・Appaloosa Managementの創設者兼社長であり、元々スティーラーズの株式を5%保有していたマイノリティオーナー経験者。パンサーズのチーム売却が決定した時から最有力候補と言われていましたが、そのまま順当に選ばれました。

20年以上住んでいるニュージャージー州では「最も裕福な人」に認定されており、カネは十分過ぎるほどお持ちのようです。何かとトラブルの引き金になりそうなドナルド・トランプ氏とも距離を置いている人物なので、ひとまずは安心できる人が選ばれたかなと思います。本拠地の移転はしないと明言してくれているので、テッパーがオーナーに就任したからといって何かが大きく変わることも無さそうなのは朗報ですね。

そんな新オーナーであるテッパーの気になる購入金額は、なんと驚愕の22億7500万ドル(およそ2500億円!!)。アメリカプロスポーツ史上最高額のフランチャイズだそうです。しかもその内22億ドルをキャッシュでお支払いって、もう住む世界が違い過ぎて笑うしかないね…(゚∀゚)アヒャヒャ

 

正式な決定は、来週アトランタで開かれるスプリングミーティングにおける他チームオーナー投票後となります。テッパー氏はお子さんが3人居るようですが奥様とは離婚しているみたいなので、ぜひとも女性問題だけは起こさないように頼みますよ。

 

 

そう言えば、真っ先に名乗りをあげたディディはどこ行った。

Scroll Up