さよならC.J.

さよならC.J.

RB C.J.アンダーソンが放出されました。

今シーズンオフに放出されたRBジョナサン・スチュワートの代わりとして獲得したRBでしたが、クリスチャン・マキャーフリーの成長と活躍が著しく、1度も出場しない試合があるなど出場機会に恵まれていませんでした。

元々1年契約だったので、今シーズン中はチームに在籍させてもよかったのかなと思いますが、自身の境遇を考えると、もしかしたら本人が放出を希望していたのかもしれません。まだシーズンも半分ほどありますし。

2018/9試合 ATT YDS AVG LG TD
C.J.Anderson 24 104 4.3 22 0

活躍の機会が無かったとはいえ、チームの望んでいた役割を果たせなかったアンダーソン。「パワー」と「スピード」の両方を兼ねそろえていることが活躍の条件といえるRBで、試合を見る限り「パワー」のみに見受けられたRBの放出は止む無しかなと思います。

短い間だったけど、ありがとう、アンダーソン。

 

その空いたロスターを埋めるため、新たにRBを獲得しました。

トラヴァリス・カデット。身長185cm、体重95kg。年齢は29歳。

2012年にセインツへドラフト外で入団。いくつかのチームを渡り歩き、昨シーズンはビルズに所属していました。

2014年のセインツ時代に、レシーバーとして296ヤードを獲得しています。ラン成績は、昨シーズンにあげた22回93ヤードが最高と、パッとしません。

どちらかといえば、WRとして動けるRBという印象ですね。いかにもノーブ・ターナーの好みそうな人材だと思います。少しでもマキャーフリーの負担を減らそうという考えなのかもしれません。

契約は1年8690万円ですが、残りシーズンに合わせて減額されており、実際は約3570万円だそうです。

<追記>

残念ながら開幕ロスターに残れなかったRBケンジョン・バーナーが、CBジョシュ・ホーキンス放出と共に戻って来ました。オフェンスばかりでディフェンスは大丈夫なのか。

 

でもそういうRBが必要なら、今年のドラフト外で獲得したレジー・ボナフォンという、身長190cm・体重96kgで、QB・WR・RBを大学時代に経験した選手がPSにいるけどね。

<余談>

そこまでしてWRが必要かね。

Scroll Up