パンサーズがFBマイク・トルバートを放出...

Pocket

なんてことだ...

Panthers release Mike Torbert (パンサーズ公式)

パンサーズがベテランFBトルバートを放出 (NFL JAPAN)

2年連続プロボウルにも選出されたFBマイク・トルバートが放出されました。2016年度のラン獲得平均11.6ヤードがキャリア最低の数字だったとしても、年齢が31歳だったとしても、2年契約の1年が残っている中での放出は完全に予想外でしたわ...。

トルバートをカットした事で空くサラリーはおよそ2億円。すでに56億ほど余裕のあるパンサーズにとっては、2億浮いた所でそんなに重要ではない。ではなぜ放出されてしまったのか。

 

これは完全に、「ドラフトでRBレオナード・フォーネットを獲りに行きますよ」という意思表示なのではないでしょうか。というか、そうあって欲しい( ;∀;)

 

RBを中心にオフェンスを組み立てるパンサーズにとってFBは貴重な存在(NFL全体で見てもFBは貴重)。ましてやトルバートは、怪我も少なくパスキャッチも上手で安定した活躍ができる選手として重宝されていたはず。

そんなトルバートを放出したという事は、今後FBを使わず、いや、1人でゲーム作りができる大型RBを中心にオフェンスを組み立るつもりなのではなかろうか。無論、それがフォーネットなのは言うまでもなく。

一応パンサーズには、まだFBの選手が居ます。長くレッドスキンズでそこそこだった29歳のダレル・ヤングと、ドラフト外で2016年加入した23歳のデヴォン・ジョンソンという、何とも言えない2人ですけど。もしFBを使うつもりなら、この2人を残してトルバートを放出する意味は無いよね。

 

パンサーズで過ごした5シーズンの成績は、ラン獲得992ヤード・13TD、パス獲得771ヤード・6TD。好きな選手の1人だったので残念な気持ちは相当ありますが、是非とも新天地でまだまだ活躍してくれる姿を願っています。さらばトルバート!! ありがとうトルバート!!

…次は君の番だ、RBジョナサン・スチュワートよ。

 

 

あ、ついでにDTポール・ソリアイも放出されました。FAになるDTケイワン・ショートを残留させる意向と考えていいのかな。

 

<おまけ>

トルバートのインスタグラムにこんなメッセージ画像が貼られていました。

 

簡単に訳しますと...

火曜日。

私は呼吸をしている。

私は祝福された。

神はまだ私に計画を持っている。

世界は私の愛、私の笑顔、私の才能、私の(人としての)明るさ、私の励みを必要としている。

私は諦めない。

 

泣かせてくれるじゃねぇか。。本当に良い選手だったよ...ありがとな( ノД`)

   

 - カロライナ・パンサーズ ,