RBスチュワートと契約更新!!…など

RBスチュワートと契約更新!!…など

パンサーズの動きをどうぞ。

※1ドル=110円換算

RBジョナサン・スチュワートと契約更新

参考記事はこちら

2012年に5年契約を締結し、オプションで最大2018年まで7年の契約に延長する可能性のあったスチュワートですが、ひとまず1年の契約延長という形になりました。1年550万ドル(およそ6億500万円)+出来高で最高750万ドル(およそ8億2500万円)といった内容です。

FAとなっていた選手じゃないので残留濃厚でしたが、エースRBを元の契約内容のまま更新した(キャップヒットの関係もありますが)という事は、今年のドラフト戦略に影響を与えるかもしれません。

 

というのも、ここ最近のモックドラフトを見てみると、パンサーズが狙っている(であろう)RBレオナード・フォーネットは、どうやら8位指名まで残らないような雰囲気になっています。

もしフォーネットを指名できないなら無理にRBを指名するのではなく、別のポジションに狙いを変えるのも十分考えられます。そうなると、当然スチュワートには頑張ってもらう必要がありますからね。

毎年のように怪我をしている選手なだけに信用はできませんが、試合に出れば活躍が見込めるRBには間違いないので、今年の活躍に期待しておくとしましょう。

 

QBギャレット・ギルバートを獲得

参考記事はこちら(下の方にこっそりと)

↑写真はラムズ時代

昨シーズンはレイダースに所属していた25歳のQB。もちろんニュートンのバックアップという形になります。契約は1年5100万円。

すでにデレク・アンダーソンやジョー・ウェブという2人のバックアップQBが居る状態でのギルバート獲得。これは誰かが追い出される格好となりそうだ…もちろんギルバートかもしれないけど。

 

ケルビン・ベンジャミンと契約更新?

参考記事はこちら

2014年の1巡指名WRベンジャミン。そのルーキー契約が今シーズンで切れますが、オプションとしてプラス1年の更新ができます。デイブ・ゲットルマンGMの話を聞く限り更新は固そうですけど…大丈夫かね。個人的には頼りがいの無いWRと思っているんだが(・・;)

 

Tマイケル・オアーが未だに脳震とうプロトコル中…

参考記事はこちら

昨シーズン3試合目で脳震とうを発症し、その後フィールドに戻ってこなかったオアー。スーパーボウルも終わり、さすがにもう治っているだろうと思いきや…マジなのか。。

一応トレーニングはしているみたいですが、色々と厳しいかもなぁ。後遺症が残らない事を祈ります。

 

 

以上!!

Scroll Up