パンサーズが2選手と再契約!!…など

パンサーズが2選手と再契約!!…など

ここ数日の動きを見ていきましょう。他チームの情報は気になったものを。

※金額は1ドル=110円換算

 

パンサーズ関連

《クリス・スコット》29歳

参考記事はこちら

ポジションはガード。キャリア6年目。

2010年、スティーラーズからドラフト5巡指名を受け入団。その後、パッカーズ→バッカニアーズ→タイタンズのPSを経てビルズへ加入。2013年にパンサーズの一員となりました。

2012年までわずか2試合のみの出場経験でしたが、パンサーズに来てから力を発揮。主に控えGとして、これまで43試合に出場してきました(内先発12試合)。

契約は1年1億700万円

 

《カイル・ラブ》30歳

参考記事はこちら

ポジションはディフェンシブタックル。キャリア6年目。

2010年、ドラフト外でペイトリオッツへ入団。主力として活躍していましたが、2012年に放出される。その後チーフス→ジャガーズを経て、2014年パンサーズに加入しました。

昨シーズンは開幕前にカットされてしまいましたが、同ポジションの選手が怪我をした事で呼び戻され、シーズン終了まで控えDTとして活躍。今回の契約更新に至りました。

契約は2年2億5000万円(保証額2200万円)。

 

主に控えの選手たちですが、ここ数年パンサーズを支えてきた縁の下の力持ち。是非とも結果を残して欲しいですね。

 

その他チーム

・パッカーズRBエディ・レーシーがシーホークスへ

まさかのレーシー。体重管理がどうなるか。

 

セインツがペイトリオッツCBマルコム・バトラーを狙っている…?

WRブランディン・クックスをトレードに出した事で、今年の1巡指名権を2つ持っているセインツ。獲得は十分あり得る…かな。もしそうなったら、実質クックスとバトラーのトレードをした格好になるけどね。

バトラーねぇ…どうなんだろう。スーパーボウルの素晴らしいインターセプトから目まぐるしい成長を遂げた選手だけど、ペイトリオッツだからこその活躍と言えなくもないような。あそこのチームに行けば大抵の選手は才能が開花するからなぁ。

…まぁ、既に経験と実績を積んだバトラーなら大丈夫か。同地区のライバルとしてはこれ以上強くならないで欲しいが…( ノД`)

 

・レイダースRBラタビアス・マレーがバイキングスへ

バイキングスは、エイドリアン・ピーターソンと袂を分かつ決断をしたようだ。

ただマレーが居たレイダースは、リーグ屈指の強力オフェンシブラインを構築するチーム。そこでの活躍と同等の成績を他のチームでもあげられる保証はかなり低いような気もする。

 

 

以上!!

Scroll Up