トニー・ロモが引退

トニー・ロモが引退

お疲れ様でした。

参考記事はこちら

人々の記憶に残るであろうカウボーイズのQBトニー・ロモが引退を決意しました。引退後はCBSの解説者になるそうです。

 

ロモを語るうえで欠かせないエピソードがあります。

ここ最近NFLファンになった自分でも知っているこの瞬間。2006年、シーホークスとのワイルドカードプレーオフ。このFGを決めればほぼ勝ちが決まるという場面でまさかのホルダーミス。チームは敗北しました。

この1件の事もあり、大事な時に弱いという印象が最後まで拭いきれなかったロモですが、生涯成績は素晴らしいものでした。

 

昨シーズンは怪我で開幕絶望となり、ルーキーのダク・プレスコットに先発の座を奪われたロモ。今シーズンが始まり、別のチームに移籍は固いと思われていた中での引退決断。カウボーイズで現役を終える姿はカッコイイぜ。

ドラフト外でNFLの世界に入り14年。NFLを代表する人気チームでのプレッシャーと戦い続けた偉大なクォーターバック、トニー・ロモ。

その功績は間違いなくチームの、そしてNFLの歴史に刻まれる事でしょう。本当にお疲れ様でした。

 

 

さて、そんなロモ獲得を模索していたチームはどうするだろうか。

その最有力とされていたテキサンズは、これでドラフト1巡指名も現実味を帯びてきたかな。若しくは別のベテランQB獲得を狙うか…

ブロンコスもロモ獲得候補に挙がっていたチームですが、今年も若手2人(トレバ―・シーミアンとパクストン・リンチ)に任せるかもね。それでダメなら豊作とされる2018年ドラフトでQB指名をするといった可能性もありそうだ。その2人の手本となるようなベテランQBの獲得をまだ考えているかもしれないけど。

 

となると…

 

カトラー、チャンスだぞ(・`д・´)

 

フィッツパトリックもバックアップならあるか…な。

Scroll Up