【NFLドラフト2017】 注目のWRをざっと調べてみた ※2人追記

【NFLドラフト2017】 注目のWRをざっと調べてみた ※2人追記

※1/30 パンサーズ公式サイトの記事を参照に追記

ドラフト総合ページはこちら。

第3回はWR。

パンサーズの積極的補強ポイントではありませんが、2巡以降で良い選手が残っていれば狙いたいところ。さっそく見ていきましょう。

 

マイク・ウィリアムス Mike Williams

サウスカロライナ州バンス生まれの22歳。身長193cm、体重102kg。クレムゾン大学出身。

大型のレシーバーで、今ドラフトNo1のWRと言ってもいいでしょう。ビルズWRサミー・ワトキンスの後継者でドラフト注目のQBデショーン・ワトソンと同大学です。ワトソンの活躍はウィリアムスの力あってこそだったんでしょうね。

2016年度の大学成績は15試合に出場し、ターゲット98回・1361ヤード・11TD。パスキャッチが上手いのはもちろん、背が高い上にとにかく体が強い。これは相当な逸材かもしれないぜ。

 

コーリー・デービス Corey Davis

イリノイ州シカ生まれの22歳。身長191cm、体重97kg。ウェスタンミシガン大学出身。

2016年度の大学成績は14試合に出場し、ターゲット97回・1500ヤード・19TDと文句なしの成績。また2014年から3年連続1400ヤード以上稼いでおり、安定感も抜群です。

サイズ・スピード・ワンハンドキャッチ、全てを兼ね備えるスーパーレシーバーですね…。ランアフターが速いこと速いこと(;’∀’)

 

ジョン・ロス Jhon Ross

カリフォルニア州ロングビーチ生まれの22歳。身長180cm、体重86kg。ワシントン大学出身。

上記2人とは異なり、小柄なスピードタイプのWR。動画内ではワンハンドキャッチも見せており、オデル・ベッカムを彷彿とさせるレシーバーですね~。今のパンサーズに必要なタイプのWRだ。

2016年度の大学成績は14試合に出場し、ターゲット81回・1150ヤード・17TD。…2巡以降で獲れないかな(・・;)

 

TOP3は以上でしょうか。その他気になるWRはこちら。

コートランド・サットン Courtland Sutton

テキサス州ブレンハム生まれの22歳。身長193cm、体重97kg。SMU出身。

2016年度の大学成績は12試合に出場し、ターゲット76回・1246ヤード・10TD。もはやカレッジでもワンハンドキャッチは当たり前のようだ…。

カーティス・サミュエル Curtis Samuel

ニューヨーク生まれの20歳。身長180cm、体重91kg。オハイオ州立大学出身。

何とWRとRBの両方をこなすハイブリッド選手です。2016年度の大学成績は13試合に出場し、レシービングターゲット74回・865ヤード・7TD。ランは97回・771ヤード・8TD。

RBを調べていたときは名前を見かけなかったので、WRとしてNFL入りしそうです。RB兼任という事で年齢が若干若いのもポイント。

テイワン・テイラー Taywan Taylor

ケンタッキー州ルイスヴィル生まれの○歳(年齢分からず…)。身長185cm、体重88kg。ウェスタンケンタッキー大学出身。

2016年度の大学成績は14試合に出場し、ターゲット98回・1730ヤード・17TD。パンサーズ公式サイトでオススメされていたWRの1人。今のパンサーズに必要なWRだとか。

背は平凡ですがスピードタイプでは無く、うまく相手をかわしてオープンになれるレシーバーのようです。TEグレッグ・オルセンのようなレシーバーと考えれば面白そう。そこそこの指名巡で獲れたら良さそうかな。

ゼイ・ジョーンズ Zay Jones

テキサス州ダラス生まれの21歳。身長185cm、体重89kg。イーストカロライナ大学出身。

2016年度の大学成績は13試合に出場し、ターゲット158回・1746ヤード・8TD。こちらもパンサーズ公式サイトでオススメされていたWRの1人。チームが3勝10敗という成績での数字ですから、かなり優れたWRなのは確かですね。

上記テイラーと同じようなタイプのWRに見えます。若干ジョーンズの方がポテンシャル上な気はしますが。上位指名でというよりは、いい塩梅で指名できたら嬉しい選手。

 

以上!!

Scroll Up