【NFLドラフト2017】注目のLBをざっと調べてみた

Pocket

ドラフト総合ページはこちら

第8回はラインバッカ―。

トーマス・デービス、ルーク・キークリー、シャック・トンプソン。パンサーズディフェンスの要とも言える選手が揃っているポジションですのでパンサーズが指名する事は無さそうですが、一通り確認しておきましょう。

 

ルーベン・フォスター Reuben Foster

アラバマ州オーバーン生まれの22歳。身長185cm、体重103kg。アラバマ大学出身。

2016年度の大学成績は15試合に出場しソロタックル60。今ドラフトNO.1と目されるLBだが、かなりのハードヒッターなので色んな意味で注意が必要かもしれない。

 

ジャラド・デービス Jarrad Davis

ジョージア州キングスランド生まれの22歳。身長188cm、体重108kg。フロリダ大学出身。

2016年度の大学成績は9試合に出場しソロタックル29・2サック。怪我が気になりますが、動画タイトルには"レイ・ルイスの再来"と豪語されています。

 

T.J.ワット T.J.Watt

ウィスコンシン州ピューキー生まれの22歳。身長196cm、体重107kg。ウィスコンシン大学出身。

2016年度の大学成績は14試合に出場しソロタックル38・10.5サック。OLBとして使えそう。是非ともテキサンズに加入して欲しいですね。

 

TOP3でした。以下はその他気になるLBとなります。

 

ザック・カニンガム Zach Cunningham

アラバマ州ピンソン生まれの22歳。身長193cm、体重104kg。ヴァンダービルト大学出身。

2016年度の大学成績は13試合に出場し、ソロタックル71・ファンブルフォース2。タックルの多さは頼りになりますね。

 

ハーソン・レディック Haason Reddick

ニュージャージー州カムデン生まれの22歳。身長、体重。テンプル大学出身。

2016年度の大学成績は14試合に出場し、ソロタックル43・9.5サック・2ファンブルフォース。OLBとしての起用かな。

 

ライアン・アンダーソン Ryan Anderson

アラバマ州デイフン生まれの22歳。身長188cm、体重115kg。アラバマ大学出身。

2016年度の大学成績は15試合に出場し、ソロタックル31・8.5サック・3ファンブルフォース。余談ですが、同姓同名のNBA選手が居ます。

 

以上!!

   

 - NFL全般 ,