【NFLドラフト2017】注目のDEをざっと調べてみた

【NFLドラフト2017】注目のDEをざっと調べてみた

ドラフト総合ページはこちら

第6回はデフェンシブエンド。

今のNFLでは欠かせない重要なポジションとなりつつあるパスラッシャー。その最たる位置とも言えるDE。パンサーズも必要としているポジションなので、注視していきましょう。

 

マイルズ・ギャレット Myles Garrett

テキサス州アーリントン生まれの21歳。身長198cm、体重122kg。テキサスA&M出身。

2016年度の大学成績は11試合に出場し8.5サック。全体1位指名権を持つブラウンズからの指名も予想されている逸材です。スピード・パワー・タックル精度、どれも素晴らしい。ちなみに2015年度の方が13試合出場・12.5サックと良い成績を残しています。

 

デレク・バーネット Derek Barnett

テネシー州ナッシュビル生まれの20歳。身長191cm、体重122kg。テネシー大学出身。

2016年度の大学成績は13試合に出場し13サック。上記ギャレットと並び、今ドラフトDEにおける二大巨頭です。

 

ソロモン・トーマス Solomon Thomas

イリノイ州シカゴ生まれの21歳。身長191cm、体重124kg。スタンフォード大学出身。

2016年度の大学成績は13試合に出場し8サック。この選手はパワーが凄い。モックドラフト2.0でパンサーズの指名候補にも選ばれていました。

 

おそらくTOP3でした。モックドラフトでも多くの名前が挙がっているポジションなので、今年は豊作かもしれません。パンサーズも狙えそうなら狙っていきたいね。

その他気になるDEは以下にて。

 

チャールズ・ハリス Charles Harris

 

ミズーリ州カンザスシティ生まれの21歳。身長191cm、体重118kg。ミズーリ大学出身。

2016年度の大学成績は12試合に出場し9サック。スピードが魅力のDEですね。

 

テッカーリスト・マッキンリー takkarist mckinley

 

カリフォルニア州リッチモンド生まれの21歳。身長188cm、体重120kg。UCLA出身。

2016年度の大学成績は11試合に出場し10サック。名前が長いのでTakkと略されています。2016年度の開幕戦に1試合だけOTとして出場経験あり。

 

タコ・チャールトン Taco Charlton

 

オハイオ州ピッカリントン生まれの22歳。身長198cm、体重123kg。ミシガン大学出身。

2016年度の大学成績は10試合に出場し9.5サック。ラインの選手で33番は珍しい。

 

ドワーン・スムート Dawuane Smoot

 

オハイオ州グルーブポート生まれの21歳。身長191cm、体重116kg。イリノイ大学出身。

2016年度の大学成績は12試合に出場し5サック。名前読めませんがな。

 

以上!!

Scroll Up