【NFLドラフト2017】スカウティングコンバイン2日目!!

【NFLドラフト2017】スカウティングコンバイン2日目!!

速すぎたWR爆誕。

2日目はQB・WR・TEの測定が行われました。詳しくは以下のNFL公式YouTube動画よりどうぞ。

2日目ハイライト

ベストQB集

ベストWR集

ベストTE集

識者の目に止まった選手たち(QB,WR,TE編)

では軽く感想を。

 

《クォーターバック》

TOP4(トゥルビスキー・カイザー・ワトソン・マホームズ)はもちろんの事、当ブログで取り上げなかったQBが識者の目に止まったようで。

それがネイサン・ピーターマン(Nathan Peterman)というQB。

フロリダ州ジャクソンビル生まれの22歳。身長188cm、体重102kg。ピッツバーグ大学出身(2014年まではテネシー大学に在籍)。

2016年度の大学成績は13試合に出場し、パス獲得2855ヤード・27TD・7INT。QBとしては背が少し低いが、その分フットワークは良好。上位指名は無さそうですが、第2のプレスコットになれるか注目です。

ちなみに、カイザーとワトソンは共に”デショーン”の名を冠していますが、何と…

トゥルビスキーと同じ”ミッチ”を冠するQBも居ました。今年は名前かぶりが多いことやら。

 

《ワイドレシーバー》

レシーバーで最も注目を集めたのが、何と言ってもワシントン大学のジョン・ロス。40ヤード走で歴代最速のタイム・4秒22を叩き出しました。こりゃすげぇや(;’∀’)

そのあと足をつったか痛めたのは心配だが。

他にも、クレムゾンのマイク・ウィリアムスやウェスタンミシガンのコーリー・デービスだけじゃないぞと言わんばかりに、パンサーズファン一推し・イーストカロライナのゼイ・ジョーンズやイースタンワシントンのクーパー・カップなど、良さげなWRたちが躍動していました。この辺りのレシーバーを3巡付近で獲りたいんだよなぁ…厳しいか。

 

《タイトエンド》

アラバマのO.J.ハワード、マイアミのデイビッド・ンジョクのTOP2は鉄板ですね。そこにオルミスのエバン・イングラムが入り三つ巴の様相です。パンサーズも狙えれば獲りたいTEですが、諸々考えると後回しかなぁ。

 

以上、スカウティングコンバイン2日目の所感でした。知らないだけで、まだまだ多くの光る原石が居るんだなと実感しました。恐ろしやアメリカよ…。

<おまけ>

プライベートでも親交のあるキャム・ニュートンとデショーン・ワトソンの40ヤード走比較動画がパンサーズ公式サイトにあがっていましたので、気になる方はどぞ。

予想ではワトソンの方が速いという意見多数でしたが、結果はニュートンの勝利。ニュートンの走りが完全に陸上選手のそれでしたわ(・・;)

Scroll Up