【NFLドラフト2017】スカウティングコンバイン1日目!!

Pocket

若者よ、大志を抱け。

ドラフト候補生たちの身体能力測定が始まりました。その様子は、以下の公式YouTubeチャンネルよりどうぞ。

初日ハイライト

RBトータル

識者の目にとまった選手たち

1日目はOLとRBの選手たちの測定が行われた模様。どちらもパンサーズの補強ポイントなので、要注目です。ざっと感想を。

 

《オフェンシブライン》

この日素晴らしいパフォーマンスを見せたのが、ユタ大学のOTギャレット・ボレス。身長196cm・体重136kgとは思えない身のこなしの軽さで40ヤード走を4秒95で駆け抜けました。

他にも、当ブログで取り上げていないウェスタンケンタッキー大学のOTフォーセット・ランプという選手が良い感じだった様子。2巡でOT指名、あり得るぞ。

 

《ランニングバック》

RBは、レオナード・フォーネット、デルビン・クック、クリスチャン・マカーフリー、アルビン・カマラでTOP4が固まった雰囲気ですね。

それぞれの40ヤード走のタイムとタイプをまとめておきますと...

40ヤード走タイム RBタイプ
レオナード・フォーネット 4秒51 パワー
デルビン・クック 4秒49 パワー
クリスチャン・マカーフリー 4秒48 スピード&テクニック
アルビン・カマラ 4秒56 バランス

以上のようになります。あくまで主観ですが。

パンサーズが狙うフォーネットは、ちと小回りが利かないRBかなと。ただ、彼の魅力はディフェンスを突き飛ばすパワーランなので問題なし。クックも似たようなタイプでした。

コンバインで最も輝いていたと言えるのがマカーフリー。スピードも速くテクニックもありパスキャッチも難なくこなす。かなり強く印象に残りました。カマラは割と普通でしたな。ただ跳躍力半端なかったぜ(上記写真)。

ちなみに、この日40ヤード走最速タイムを叩き出したのは、ノースカロライナ大学のT.J.ローガン。そのタイム4秒37でした。

 

以上、スカウティングコンバイン初日の所感でした。

 

<おまけ>

みんな本当に22歳前後かっていうくらい筋肉隆々で勇ましすぎるわ(・・;)

   

 - NFL全般 ,