ワークアウトの前に契約祭りじゃーい!!!

Pocket

積まれる大金。

(金額は1ドル=110円換算)

 

フランチャイズ、解除...!!

もちろん放出した訳ではありません。再契約しましたよっと。しかも5年88億5500万円(保証額合計49億5000万円)という超巨額契約でな...!!

 

《ケイワン・ショート》

ポジションはディフェンシブタックル。キャリア5年目、年齢は28歳。

2013年2巡指名でパンサーズへ入団。その後4シーズン全試合に怪我なく出場を続けており、今やチームに欠かせない主力DTとなっています。

今年無制限FAとなっていた為フランチャイズタグを付けていたのですが、昨年のような悲劇とはならず、晴れて大型契約に至りました。ちょっと払い過ぎな気もするけど良かった良かった。

 

テンダ―指定3選手も一気に契約!!

テンダ―指定が正しい言葉なのか定かでは無いですが、えー、そういう事です(-_-;) 見ていきましょう。

《アンドリュー・ノーウェル》

ポジションはガード。キャリア4年目、年齢は25歳。

2014年ドラフト外でパンサーズへ入団。その年から試合に出場を続け、昨シーズンは全試合先発出場を果たしました。

昨シーズン大崩壊したオフェンシブラインの中でも先発を続けた貴重なG。再契約は嬉しい限りです。

契約は1年3億円

 

《タイラー・ラーセン》

ポジションはセンター。キャリア2年目、年齢は25歳。

2014年ドラフト外でドルフィンズへ入団。2015年はレッドスキンズに在籍し、2016年パンサーズの一員となりました。

元はGの選手ですが、昨シーズン相次いでCの選手(カリルやグラドコウスキー)が怪我をした為、急遽Cを務めることに。それがしっくり来たのか、完全にC登録の選手となりました。

契約は1年5940万円

 

《マイケル・パラディ》

ポジションはパンター。キャリア2年目、年齢は24歳。

2014年ドラフト外でレイダースへ入団して以降、6チームを渡り歩いてきたジャーニーマン。昨シーズン先発Pのアンディ・リーが怪我をした事により獲得した選手ですが、実はシーズン開幕前パンサーズに在籍していました(プレシーズン前に放出されています)。

昨シーズン7試合に出場し、十分な活躍をした事でパンサーズと再契約する事になりました。

契約は1年5940万円

 

 

ワークアウトも始まり、駆け込むように契約が結ばれました。ショートに対しては、かなり奮発したなぁという印象です。もちろん必要な選手ですし嬉しい事ではありますが。

テンダ―指定されていた選手たちも無事に再契約。特にノーウェルを確保できたのは大きいですね。パラディもカナダから来た甲斐があったというものだ。

 

さぁ、これで準備は固まった。あとはドラフト...だな。

   

 - カロライナ・パンサーズ ,