【オフシーズン2017】ここまでのパンサーズ動向をまとめてみた

【オフシーズン2017】ここまでのパンサーズ動向をまとめてみた

<契約内容などはこちらにまとめています>

新シーズン開幕から1週間ちょっと経ちまして、選手の移籍等も落ち着いてきました。

ここで、パンサーズの動きをおさらいしようと思います(度数の星は最大5つ)。

 

移籍した選手

《FBマイク・トルバート》痛手度★★★★

ビルズへ。好きな選手だったので残念。

《LB A.J.クライン》痛手度★★★★

セインツへ。控え筆頭LBのリリースは痛い。

《WRテッド・ギン》痛手度★★★★★

セインツへ。ニュートンとの相性も抜群だったスピードスター。かなり痛い。

《Tマイク・リマーズ》痛手度★★

バイキングスへ。後に記載する弟カリルが来たので、そこまで痛手では無い。もちろん、残留してくれる事が1番だったが。

《WRフィリー・ブラウン》痛手度★★

ビルズへ。そこまで重要な選手では無かったが、手薄なWRがさらに厳しくなった。

《DEコーニー・イーリー》痛手度★★

ペイトリオッツへ。FAでは無かったのでトレードにて移籍した期待のホープ。ただ、昨シーズンの結果を見るとトレードに出しても問題なしかと。

 

再契約

《LBベン・ジェイコブズ》期待度★★

スペシャルチーム要員ですが、クラインが抜けた事もありLB控えとしての活躍も期待。

《DEマリオ・アディソン》期待度★★★★

昨シーズンのサックリーダー。それまでは鳴りを潜めていた選手なので、過度の期待は禁物。

《DEウェス・ホートン》期待度★★★

ランストップが主な役目のDE。

《DEチャールズ・ジョンソン》期待度★★

生え抜きの大ベテラン。ここ数年成績を落としているので、あまり期待はしていない。

《Sコリン・ジョーンズ》期待度★★

控えS。マイク・アダムスやキャプテン・マナーリンが加入したため、そこまで重要な選手ではない。

《RBフォジー・ウィテカー》期待度★★★

レシーブも難なくこなす小柄なRB。彼が活躍できるかはOLの出来にかかっている。

《WRブレントン・バージン》期待度★★★

控えWR。

《Gクリス・スコット》期待度★★

控えOL。

《DTカイル・ラブ》期待度★★

控えDT。名前が良い。

 

獲得した選手

《Gアミニ・シラトル》期待度★★

FA解禁前に獲得した選手。主に控えでしょう。

《Tマット・カリル》期待度★★★★★

バイキングスより。昨シーズン最大の課題でもあったOL補強は嬉しい限り。

《DEジュリアス・ペッパーズ》期待度★★★★★

パッカーズより。37歳の大ベテランだが、そのパフォーマンスは衰え知らず。期待しています。

《Sマイク・アダムス》期待度★★★★

コルツより。豊富な経験を活かして、若手のサポートにも期待したい。

《CBキャプテン・マナーリン》期待度★★★★★

バイキングスより。若手で構成されるパンサーズCB陣では貴重な選手。守備に厚みが増すでしょう。

《WRラッセル・シェパード》期待度★★★★

バッカニアーズより。ギンの後釜と目されるWR。

《WRチャールズ・ジョンソン》期待度★★★

バイキングスより。主に控えとなりそう。

 

フランチャイズ

《DTケイワン・ショート》期待度★★★

もちろん残留を望んでいるが、DTは控えにも良い選手が揃っているので、うまく契約をまとめて欲しい。

 

テンダ―

《Gアンドリュー・ノーウェル》期待度★★★★

2巡テンダ―。先発OLの一角として、是非とも残留を願う。

《Cタイラー・ラーセン》期待度★★★

元はGの選手なので、控えOLとして。

《Pマイケル・パラディ》期待度★★★

Pアンディ・リーの去就次第。個人的には、パラディでもいけるかなと思っている。

 

 

ここまでの感想

昨シーズンオフはほとんど動きが無かったので、これだけ補強してくれるのはありがたい。

特に課題とされていたOLやDBの強化に動いてくれたのは高評価。経験豊富なベテランやパンサーズ出身の選手を呼び戻してくれたのも嬉しいですね。

全体的にディフェンス選手の獲得や再契約は多い気がします。パンサーズは守備のチームだという事を再認識させられますね。良いこと良いこと。

 

パンサーズとしては、今後大きな動きは恐らく無いでしょう。あとはドラフト次第ってとこですかね。

ちなみに、FA解禁前に話があったビクター・クルーズはその後音沙汰無し。クルーズに関するニュースも見かけないので、どうやらドラフト前後にまで先延ばしになりそうです。

 

以上、パンサーズの動きまとめでした。

Scroll Up