パンサーズのオーナーが変わります(デービスやプロボウルやNYGも)

パンサーズのオーナーが変わります(デービスやプロボウルやNYGも)

パンサーズオーナーが今季終了後にチームを売却 (NFLJAPAN)

という話が突如出てきましたね。

どうしてこんな事になったのかを簡単にまとめますと、創設者兼オーナーのジェリー・リチャードソンがチームの女性職員に対しセクハラ発言をしたり、アフリカ系アメリカ人のスカウトに対し人種差別的な発言をしたそうです。なんかどっかの国のトップでよく聞く話ですねー(棒)

これだけなら時代遅れのジジイで済んだのかもしれませんが、その後被害を受けた4人に対し、かなりの示談金を支払ったという噂が出て来たそうで。当然「金で黙らせた」と疑われパンサーズ自身が調査をしていたところNFLに見つかり、チームの悪評を気にし腹をくくった、といった経緯でこのような話に繋がります。

すでに80歳を超えてますし、元々オーナー交代を考えていた節はありそうですけどね。ともかく、カロライナにチームを作り魅力的な選手を呼び寄せてくれた事には感謝です。サンキュージェリー。

Tina Becker takes full control of Panthers organization (パンサーズ公式)

既にリチャードソンは業務から退いているらしく、その代わりを務めているのは20年近くチームに勤めているティナ・ベッカーという女性だそうな。古き考えとは決別するという強い意志を感じます。

女性のNFL参画と言えば、今年からCBSで実況を担当してる方が居たり、審判の1人としてフィールドに立っている方もおられます。こういった、今となっては当たり前な事がようやくプロスポーツの世界にも浸透してきた感じがしますね。といった流れで…

アメリカ人気ラッパーのディディ、NFL初の黒人オーナーに名乗り (AFP)

次のオーナーは誰になるのか。真っ先に名乗りをあげたのは、ディディやパフ・ダディの名で知られるアメリカ人のショーン・コムズでした。語弊無く言いますと、いわゆる黒人の方です。

あまりアメリカエンタメ事情に詳しくないので、どのような人物かWikiさんで調べてみたところ…

ショーン・コムズ(Sean Combs, 本名: Sean John Combs, 1969年11月4日 – )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市のハーレム地区出身

カロライナではないのね。ハーレム地区とは何とも名は体…

音楽プロデューサー、作詞家、アレンジャー、ファッションデザイナー、俳優、MC。バッド・ボーイ・エンターテインメント(Bad Boy Entertainment)の最高経営責任者、映画プロダクション、レストランのチェーン、ファッションブランド「ショーン・ジョン(Sean John)」など経営者としても多岐にわたる活躍をみせる。アメリカのエンターテインメント産業で最も成功したものの一人として挙げられることもある。

えー、48歳にしていわゆる完全に勝ち組なスーパーマンでした(・・;)

しかし問題も抱えているようで、

2006年、かねてから噂、批判されてきたラップのゴーストライター疑惑を本人が事実と認める。これにより、5thアルバム『Press Play』までのほとんどの曲のリリックがゴーストライターによるものだったということが明らかになった。また、本人は楽器も機材も扱うことができない。

うーん、潔いカミングアウト。さらに…

1999年12月、マンハッタンのナイトクラブ、クラブ・ニューヨークで銃撃事件が起きたとき、コムズと当時のガールフレンド、ジェニファー・ロペスが現場にいた。警察の調査の後に、コムズと仲間のMC Shyneは銃刀法違反などで逮捕される。この事件は免罪となったものの、ほかにも数多くの事件で告訴されたことがある。

おいおいおい。突っ込みどころが多すぎて開いた口が塞がらない。

まぁ、とにかくスキャンダラスな人みたいですね。ジェニロペが元カノとはすげーな( ゚д゚)

 

というように、なんだか一般人の自分からしたら異次元の人みたいです。

そんなコムズが自身のTwitterで述べたこの言葉、

「大多数居るはずのアフリカ系アメリカ人のNFLオーナーは居ない。歴史を作ろうぜ」と。素晴らしい考えだと思います。ちなみにフォロワー数は1300万人超え。何もかも異次元。

上記AFPの記事でも述べられているように、NFL32チームでいわゆる黒人の方がオーナーを務めるチームは無く、アメリカのプロスポーツ全体を見ても、世界的に有名なマイケル・ジョーダンがオーナーのNBAシャーロット・ホーネッツ1チームだけのようです。

おや、奇遇にもシャーロットとは…これは何かの前触れか(゚д゚)

 

最終的にオーナー会議で決まるそうなので、何かとスキャンダルがあり、かのコリン・キャパニックをパンサーズに連れてくるとか滅茶苦茶な事を言っているコムズが受け入れられるか微妙ではあります。他に良さげな人が名乗りをあげたら厳しそうだ。

個人的にこの話が出た時は割と歓迎だったのですが、軽く調べて出てきたスキャンダル持ちっていうのが引っかかりますね…。出来れば真面目な人にお願いしたいなと。

シーズン終了後にどうなるのか、来年早々もパンサーズから目が離せません。以上、お粗末な雑記でした。

 

<情報>

Thomas Davis suspension reduced to one game (パンサーズ公式)

WEEK15パッカーズ戦にて脳震とうを誘発させるタックルをしてしまったLBトーマス・デービスに対する処分の件ですが、1試合のみ出場停止となりました。これで最終戦@ファルコンズに出場可能となります。ありがたや。

Luke Kuechly only Panther selected to Pro Bowl (パンサーズ公式)

今年のプロボウラーが決まりました。パンサーズからはLBルーク・キークリー1人のみという結果に。少々残念な気もしますが、むしろプロボウル選出1人のチームが10勝に到達してる事は喜んでいいのかもしれない。それだけ組織力が高いという証拠だ…と思っておこう。

 

<まさかの…>

前パンサーズGMデイブ・ゲットルマンがジャイアンツの新GM候補に挙がっているらしいですね。

ゲットルマンと言えば、良くも悪くも選手に冷たいGMでした。正気かジャイアンツよ…

Scroll Up