【雑談】ミニスーファミから見る完全新作の可能性

Pocket

『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ(通称ミニファミコン)』に次ぐ『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン(通称ミニスーファミ)』が発表されました。

前々から出るとか言われてたからそこまで驚きは無かったんですが、その収録タイトルがヤバ過ぎましたよ奥さん。

 

詳しくはこちらの公式サイトページをご覧いただければと思いますが、その中でもひと際異彩を放つこのタイトル!!

 

なんと『スターフォックス2』が収録されると言うからびっくり仰天。1995年に完成していたタイトルなんですが、翌年『ニンテンドー64』が発売される事からお蔵入りとなった、まさに幻のゲームなんです!! 20年の時を超え日の目を浴びる事になろうとは、これ感激!!

 

 

っていうのは世間の感想なので置いといて。

個人的に気になったのが、ここ最近のスターフォックスシリーズの流れ。

ゲームキューブ以来久々となる据置ハード登場となった『スターフォックス零』は、64版をベースにしたリメイクに近い作品でした。そして実質新作となる今回の『スターフォックス2』発表。

スターフォックスシリーズは一段落したと思われていた中、次々飛び出す新作...

 

これはSwitchで完全新作が来るかもしれない。

 

何かそういう雰囲気がするんですよね~。メトロイドも復活しますし、スターフォックス完全復活も十分考えられるでしょう。

さらに追い打ちをかけると、零の制作をしたのはプラチナゲームズなんですが、そのプラチナゲームズのXBOX ONE or Windowsソフト『スケイルバウンド』の開発が今年の1月、中止になったと発表されました。別のタイトル制作に力を注ぐため...?

もちろん、仮にスターフォックス最新作が制作中だとしても必ずプラチナゲームズが関わっているとは言えませんが、零が非常に中途半端な作品だった事を踏まえると、あの制作が完全新作への布石だったのではないかと勘ぐってしまいます。言うてもアクションゲーム界の雄があんな微妙なゲーム作りでおしまいとは思えないんだ。

 

 

以上、ミニスーファミ発表を見て感じた事でした。まとまりなくて申し訳ない。

発売は10/5(木)、お値段7980円(税別)となります。『スターフォックス2』以外の収録タイトルも名作揃いなので、間違いなく転売屋が蔓延るでしょう。購入を考えている方はご注意ください。

   

 - 据置・携帯機